テレビ

渡部建の慰謝料や養育費はいくら?CMの違約金と合わせて6億超え!

2020年6月10日にアンジャッシュの渡部建さんが複数の女性と不倫していたことが報道されましたね。

佐々木希さんとは以前から不仲説が出ていましたが、今回の不倫報道で不仲を通り越して離婚の可能性さえ出てきました。

渡部さんの不倫をきっかけに離婚となった場合、佐々木希さんは慰謝料や養育費をもらうことになりますよね。

一体いくらの慰謝料や養育費をもらえるのか気になるところですよね。

ということで、今回は「渡部建の慰謝料や養育費はいくら?CMの違約金と合わせて6億超え!」と題して、渡部建さんが支払う慰謝料や養育費がいくらなのか紹介します。

渡部建の慰謝料や養育費はいくら?

さて、それでは早速、渡部建さんが支払う慰謝料や養育費を紹介します。

慰謝料や養育費をまとめてみました!

離婚による慰謝料:100万~300万円

養育費:月15万円×12か月×19年=3420万円

ということで、慰謝料と養育費を合わせると最大で3720万円となります。

もし、子どもの親権を佐々木希さんが握ったと仮定します。このときの養育費月15万円という金額は高所得層の相場です。2018年9月に第一子を出産しているので、子どもが成人するまでは約19年あり、その間養育費を払い続けることになります。

それを計算すると、3420万円ですね。意外と少ないと感じる方もいらっしゃるかも知れませんね。

ただ、これに渡部建さんが購入した約4億円の超高級マンションが加わります。現在の資産価値は分かりませんが、2017年に購入していますし、資産価値を当時の購入金額である約4億円と仮定しましょう。

現在はこの高級マンションの持ち分は二人になっていますが、離婚となった場合、渡部さんが手放す可能性が高いですよね。

となると、渡部さんが支払う慰謝料や養育費の合計は約4.5億円に上ります。

CMの違約金と合わせて6億超え!

次に、CMの違約金を見ていきましょう。

現在、渡部さんが出演しているCMは次の3本です。

・ソーダストリーム

・フマキラー ゴキファイタープロストロング

・ロッテ キシリトール

ソーダストリームでは公式HPなどで渡部建さんの画像や動画がふんだんに使われていました。しかし、現在では渡部建さんの姿は全くありません。CMギャラリーに行くと渡部建さんが出演してるCMが全て「動画を再生できません」となっています。

また、ロッテの公式HPでも6月9日にキシリトールの成分を説明するページに渡部さンの画像が使用されていましたが、削除しました。ロッテのCMは現在放送されていませんが、契約期間は残っているということなので、違約金はかかると見ていいのではないでしょうか。

フマキラーについては現在検討中と言うことですが、ことがことだけに渡部さんの降板は免れないでしょう。

となると間違いなく、3本とも降板となります。CMの違約金はだいたい1本当たり5千万円と言われています(こちらの金額はあくまでも予想です)。となると、今回の3本のCMで違約金は約1.5億円ですね。

さらにテレビ番組側から不祥事を起こした芸能人に損害賠償を請求することもあり得ます。渡部さんは王様のブランチをはじめとする人気番組に多数出演していたので、この額も大きくなると思われます。

結果として、慰謝料や養育費の約4.5億円とCM違約金の約1.5億円、テレビの損害賠償額を合わせて、渡部さんは6億円以上を支払うことになりそうです。

まとめ

今回は「渡部建の慰謝料や養育費はいくら?CMの違約金と合わせて6億超え!」と題して、渡部建さんが支払う慰謝料や養育費がいくらなのか紹介しました。

離婚での慰謝料が100万~300万円、養育費が3420万円です。さらに2017年に購入した約4億円の高級マンションが加わるので、離婚した場合に渡部さんが支払う額は約4.5億円です。

CMの違約金である約1.5億円やテレビ局からの損害賠償を合わせると、渡部さんが今回の不倫で失う金額は6億円以上となるのではないでしょうか。