映画

天気の子の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?

2019年7月19日に映画「天気の子」が公開されましたね!

監督はもちろんご存知の新海誠さんです。

前作の「君の名は。」からは約3年という期間を経ての最新作と言うことで、待っていた分期待している方も多いと思います。

 

「君の名は。」は興行収入ランキング歴代4位の大ヒットとなりますが、今回の「天気の子」ではどのくらいの興行収入と観客動員数になるのか気になるところです。

そこで今回は「天気の子の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?」と題して、天気の子の興行収入などを紹介します。

天気の子のあらすじは?

それではまず、天気の子のあらすじを紹介します。

「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。

しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。

そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。

彼女には、不思議な能力があった。

予告編などを見ていると陽菜には天気を操る能力があるようですね。

それで事件を解決していくのか、巻き込まれていくkのか、どちらにしろ新海誠さんのことなので面白くしてくれるのではないでしょうか。

絵に関しても君の名は。で見せたような綺麗な仕上がりになっていると思います。

是非映画館で観たいですね。

天気の子の興行収入と観客動員数は?

さて、天気の子の興行収入と観客動員数を紹介します。

公開から3日間の興行収入と観客動員数が判明しました!

興行収入:16億4千万円

観客動員数:115万人

 

君の名は。は興行収入ランキング歴代4位の250.3億円です。

新海誠さんの最新作と言うこともあり、注目もかなり集まっていると思います。

なので、天気の子の最終的な興行収入は200億円前後になると予想します。

前回の君の名は。よりは興行収入落が少なくなると予想していますが、それでも大ヒットになる事は間違いなさそうですね。

天気の子の上映はいつまで?

天気の子の上映はいつまでなのでしょうか。

一般的に上映期間は1カ月となっています。

ただ、人気が高い場合にはこの期間にプラスされていきます。

今作の天気の子もこれに該当すると思います。

前作の君の名は。は2016年8月27日から2017年8月25日までの365日間の公開でした。

これを考えると、天気の子の上映は2019年1月ごろまでになると予想します。

君の名は。の興行収入が200億円に到達したのがだいたい12月ごろなのでそのくらいではないでしょうか。

観に行く予定がないと言う方も半年近く公開していると思うので評判を聞いてから観に行っても大丈夫だと思います。

まとめ

今回は「天気の子の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?」と題して、「天気の子」の興行収入などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

君の名は。から最終的な興行収入は200億円前後になるのではないでしょうか。

上映期間は2020年1月ごろまでになると思います。

天気の子は7月19日から公開が始まっていますので、是非足を運んではいかがでしょうか。