Vtuber

天神子兎音の中の人の正体を特定?前世は柊優花ってホント?

2018年春の活動開始以来、他に類を見ない個性的なキャラクターと高い歌唱力で急速に人気を伸ばしたVtuber天神子兎音。

オリジナル曲の発表やイベント出演など、活躍の場を広げる一方で、前世や所属などが未発表という謎多き存在です。

現在は視聴者だけではなく多くのVtuberとも交流があり、活動2年足らずで知名度と人気を急速に伸ばしています。

今回は、そんなVtuber業界の注目の的、天神子兎音についてご紹介します。

天神子兎音のプロフィールを紹介!

ここからは天神子兎音のプロフィールを紹介します!

名前:天神子兎音(てんじん ことね)

年齢:500歳以上

好きなゲーム:スプラトゥーン

好きなアニメ:カードキャプターさくら

好きなこと:お金・人を笑顔にして喜んでもらうこと

今後の目標:登録者800万人・立派な神社を秋葉原に建てること

紹介:500年前から祭られていた京都の神社の神様だが、長い間昼寝をしたことで人々に忘れられてしまった。現代の人々が神様を差し置いて何に興味を持っているのか調べ始めたところ、アニメやゲームに行きつき自身もそれらの魅力に魅かれYouTubeに動画を投稿して皆を笑顔にする。そしてエンターテインメントの神になる!!」と心に決め、バーチャルYouTuberを始めた。(公式HP/自己紹介動画より引用・抜粋)

天神子兎音は、株式会社プリズムプラスが3Dモデリングを担当するVtuberです。

所属会社については明らかにされていませんが、活動開始直後からハイコスト・ハイクオリティな動画を投稿していることから、かなりの大企業に所属しているのではないかという噂があります。

 

デザインにもかなり力が入れられており、有名ライトノベル「灼眼のシャナ」「涼宮ハルヒの憂鬱」などの挿絵で知られるイラストレーターいとうのいぢさんが担当しています。

巫女服とミニワンピースを合わせたような独特な形の服を着ており、帯や髪飾りなど和風の小物を身に着けています。

淡い紫色のショートカットをハーフサイドテールにした活発なイメージの美少女で、一度見たら忘れられない印象的な容姿です。

 

京都の神社の神様ということで、ファンのことを「信者」、撮影や編集を担当しているスタッフを「神官」と呼んでいます。

神様らしくやや尊大な態度をとることもしばしばあり、動画の始まりは「よっ!ポンコツ信者ども!天神子兎音だー!ういー!」の挨拶がお決まりです。

 

テンポのいい関西弁の口調ですが、生放送では活舌の悪さが目立ち、ファンにより神様ではなく「噛み様」の二つ名が定着してしまいました。

また、生放送中に「この先(さき)生きのこれないぞ」というコメントを「この先生、きのこ?」と読み間違えたことがきっかけで様々な動画にきのこが登場する定番ネタができるなど、自身もなかなかのポンコツぶりを発揮しています。

 

明るく親しみやすいドジっ子キャラである一方、その歌唱力はかなり高く、投稿動画もほとんどが歌ってみた動画です。

天神子兎音を一躍有名にした「ロキ」の歌唱動画は260万再生を超えているほか、ボカロ曲やアニメソングを中心にハイペースで投稿を続けています。

歌のうまさも然ることながら、広い音域とこぶしをきかせた個性的な歌唱が特徴で、聴いた人の耳に残る印象的な歌声です。

 

歌唱動画以外にはゲーム配信や雑談生放送を行っているほか、ときのそら・銀河アリス・響木アオなどの他Vtuberとも頻繁にコラボしており、関西出身の強みを生かしたキレのあるトークと立ち回りで動画を盛り上げます。

Twitterではマメなエゴサーチをすることで知られており、天神子兎音関連のツイートには積極的にファボやリプライを飛ばしてくれることから、「#ことね教」のタグを付けられたファンアートも日々投稿数が増えています。

 

天真爛漫な性格とギャップのある歌、視聴者に対して誠実な部分が高く評価され、現在はVtuber関係のイベントや各コラボなど多方面で活躍中です。

天神子兎音の中の人や前世の正体は?

現在、天神子兎音の中の人について公式からは未発表です。

しかしながら、ファンの間ではニコニコ動画を中心に活躍されていた「柊優花」という歌い手が声優ではないかという噂が立っています。

柊優花のファンが、天神子兎音と歌声が似ていることに気付き、そこから声優なのではないかという予想をされたようです。

また、天神子兎音が活動を始めた時期と柊優花さんが実質活動休止になった時期が重なっていることも噂を後押ししているようですが、公式発表がない以上は推測の域を過ぎないことから、ファンの間でも柊優花さんについてのコメントなどはタブーとなっています。

天神子兎音のオススメ動画を紹介!

天神子兎音は歌唱動画でファンを増やしていますが、ボカロやアニメソングのカバーだけではなくオリジナル楽曲も投稿しています。

現在3曲投稿されているオリジナル曲はすべて「不満」という共通テーマをもって作成されており、ロック調の楽曲となっています。

【天神子兎音】フーアーユーなんて言わないで【オリジナル曲】

1曲目の「フーアーユーなんて言わないで」は天神子兎音の代名詞ともいえる曲で、投稿曲の中で二番目に多い149万再生を誇っており、Vtuberによるカバー動画も次々に投稿されています。

ボカロ界でヒットソングを連発する和田たけあきさんが作編曲を担当しており、YouTubeの広告で流れ始めると途端にキャッチーな歌詞と個性ある歌唱で話題になった、天神子兎音を象徴する動画です。

また、同曲で天神子兎音が歌い、銀河アリスがダンスをするというユニークなコラボ動画も投稿されています。

Vtuber同士のコラボで歌ってみた×踊ってみたというかなり珍しい動画ですのでぜひこちらもご視聴ください。

 

【質問コーナー】6分くらいで分かる天神子兎音【自己紹介】

さらに、歌唱動画から天神子兎音に興味を持ったという方にお勧めなのがこちらの動画です。

自己紹介を兼ねた質問回答動画で、天神子兎音の基本プロフィールなどがわかるようになっています。

ゲームやアニメなど自分の好きなものについて語るハイテンションな天神子兎音が可愛らしい、ファンの間でも人気の高い日常動画です。

まとめ

天神子兎音といえばもちろん魅力的な歌声は欠かせませんが、それだけではなく人当たりのいい性格やトークも人気を後押ししています。

最近は以前よりも生配信やコラボの頻度が高くなっており、これからさらにファンを増やしていきそうな天神子兎音。

動画だけではなくイベント出演やグッズ販売、メディア展開など活動の幅を広げているので今後の活躍にも期待です!