マンガ

外科医エリーゼ最新82話のあらすじネタバレ!脱出劇パート3

漫画・小説を無料で読めるアプリ「ピッコマ」にて連載されている「外科医エリーゼ」のあらすじとネタバレを紹介します。

外科医エリーゼは2回の転生で1回目の悪女皇后だった人生に転生しなおしてしまう天才外科医エリーゼが医者として悔いのないよう奮闘する物語です。

主人公は1回目の人生では悪女皇后、2回目の人生では天才外科医だった「エリーゼ」です。

今回は「外科医エリーゼ最新82話のあらすじネタバレ!脱出劇パート3」と題して、外科医エリーゼの最新第81話のネタバレを紹介します。

外科医エリーゼ82話のネタバレとあらすじ

さて、外科医エリーゼの82話のネタバレとあらすじを紹介します。

外科医エリーゼ81話の振り返り

まずは外科医エリーゼの81話のあらすじを紹介します。

殿下の超常能力によりシンフェポリを脱出したふたり。

殿下はクリミア半島で一番険しいウクラ山脈なら少し遠いが、共和国軍の目を避けることが出来ると北に移動することを提案する。

一方、ユーゴー中将はこのままでは敗戦が既定事実、唯一残されたチャンスは空帝を捕まえることだと考え、ウクラ山脈に兵力を集中させる。

エリーゼたちは雪の中を進んでいたが、超常能力の副作用で殿下が低体温症になってしまう。

看病するエリーゼに、殿下は心配してくれるなんて夢のようだと言い、すぐよくなってそなたを守るからと言う。

外科医エリーゼ82話のあらすじとネタバレ

ここからは外科医エリーゼ82話のあらすじとネタバレを紹介します。

少し休んでから出発しようと言って殿下は気を失う。

出来るだけ身体をあたためないと思うも、毛布が足りなくなる。

ひとつだけ方法があるけど…と躊躇するも、患者を第一に考えなさいと自分に言い聞かせ、エリーゼは殿下を抱き寄せる。

 

殿下…お願いだから早くよくなってと考えてると、殿下がネックレスをしているのに気付く。

疑問に思い、そのネックレスを手に取ってみると、それはロンに渡したはずのネックレスだった。

まさか…殿下が正体を隠してロン様として…と思うエリーゼ。

混乱するエリーゼだったが、「徴表」を返してもらう時、本当の事を話してくれるわよね?と思い、再度早くよくなりますように…と願う。

 

一方、プラバではミハエル殿下が営倉から脱獄したという報告がマッカイル元帥に入っていた。

ミハエルは辞表を置いて、超常能力で鉄窓を切り落とし、空に逃げてしまったと言う。

ウクラ山脈に向かったようで、殿下とエリーゼを助けに行くから絶対についてくるなといっていたと言う。

それを聞いてマッカイル元帥は消沈する。

 

体調を崩していた殿下はかなり良くなっていた。

エリーゼは回復したようでなによりです、他に何か症状が出たら教えてくださいね!と言う。

すると殿下は、やはりいいものだ…そなたからこんなに心配してもらえるのだから…と言う。

エリーゼはそれを聞いて頬を赤くする。

 

エリーゼは改まって、もう二度とこのような真似はしないでくださいねと言う。

皇帝となる尊貴なお方です、殿下の身体はこの帝国でなによりも大切なんです、とエリーゼは言う。

すると殿下は私には地位やブリチア帝国…そして私の命よりもそなたが大切なんだと言う。

それを聞き、エリーゼの胸が高鳴る。

エリーゼは顔を真っ赤にし、胸の高鳴りをごまかすように、とにかく出発の準備をしましょうと言う。

 

雪の中を歩きながらエリーゼは殿下の準備の良さからこのままなんの問題もなく帝国軍の陣営に戻れるかもしれないと思う。

物思いにふけっていたエリーゼは殿下の呼び掛ける声にハッとする。

大丈夫か?と言う殿下の顔をまともに見ることが出来ないエリーゼ。

すると殿下はそんなエリーゼを見て、あごに指を添え、顔を近づけてくる。

外科医エリーゼ82話の感想

ということで、まだまだ脱出劇は続きます。

ロン=殿下がついにエリーゼに発覚してしまいましたね。

いままで、これについてほとんど触れられなかったので、戦争中はもうロンに関する話題はないと思っていましたが、ここで来るとは…。

そして、脱出劇ではエリーゼと殿下の思いが爆発していますね。

殿下の体調が戻り、再び歩き出したふたり。

このまま何事もなく帝国陣営に戻ることが出来るといいのですが、そうもいかないのではないでしょうか。

次回も見逃せない展開になりそうです。

まとめ

今回は「外科医エリーゼ最新82話のあらすじネタバレ!脱出劇パート3」と題して、外科医エリーゼの最新話82話のネタバレをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ロン=殿下と分かってしまったエリーゼ。

戦争終了後になにか進展がありそうですね。

その前に何とか共和国軍からエリーゼと殿下は逃げきってほしいですね。

次回の83話もお楽しみに!