暮らし

消毒液の売り切れはいつまで?通販や売っている場所と入荷情報を紹介!

2020年4月9日現在、マスクと同様に売り切れて、買えない状況が続いているのが消毒液ですよね。

マスクだけでなく、予防のために必ず必要になってきている消毒液ですが、いつまでたっても入荷しないので不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

花王グル―プでは消毒液を増産していますが、マスクの増産と一緒で実際に手に入るかもわからない状況です。

消毒液の売り切れもいつまでなのか気になっている方が多いのではないでしょうか。

今回は「消毒液の売り切れはいつまで?通販や売っている場所と入荷情報を紹介!」と題して、消毒液の売り切れがいつまでかなどを紹介します。

消毒液の売り切れはいつまで?

2020年4月9日現在、消毒液の売り切れが続いていますよね。

感染拡大当初はマスクは売り切れていたけど消毒液はまだあったように思います。ですが、そこから数日も経たない間に消毒液も続々と無くなってしまいました。

現在もドラッグストアに行っても消毒液が買えない状況が続いており、売り切れがいつまで続くのかと不安な方も多いと思います。

 

さて、この消毒液が買えない状況ですが、一体いつまで続くのでしょうか。

これに関しては新型の感染が終息するまでは厳しいですね。現状、マスクがいい例ですが、増産されても手元に届かないという状況があります。花王が消毒液を増産したとしても実際に国民全員に消毒液が届くと言うのは考えにくいですよね。

さて、消毒液の売り切れは新型の観戦が終息するまでと紹介しましたが、それがいつなのか気になるところですよね。インターネットで調べた情報をまとめておきます。

 

iPS細胞で知られる山中伸弥教授は1年続くと言っています。感染が最初に確認されたのが2020年1月16日なので、2021年1月ごろに終息すると言う感じでしょうか(日本経済新聞より)。

 

さらに、@niftyニュース「何でも調査団」によるアンケートでも多くの方が2021年以降に終息するのではないかと考えているようですね。

@niftyニュース「何でも調査団」より

 

ということで、消毒液の売り切れがいつまで続くかと言うと、2021年以降まで続く可能性が高いと言うことですね。もちろん、それでは自分がいつ感染してしまうか分からず、不安ですよね。

そこで、次からは消毒液を買える場所の入荷情報や通販について紹介していきます。

消毒液が売っている場所や入荷情報を紹介!

ここからは消毒液が売っている場所と入荷情報について紹介します。

まず、消毒液が売っている場所を紹介しておきましょう。

・ドラッグストア

・スーパー

・ディスカウントショップ

・ホームセンター

・コンビニ

・家電量販店

 ・100円ショップ

ドラッグストアやスーパーは当然ですが、意外と穴場なのが『家電量販店』ですね。現在、ヤマダ電機などでは感染対策フェアと題して、特設コーナーを設けているところもあります。

SNSなどで調べていくとマスクよりは買えたという情報が多い気がしますね。

ドラッグストアで買えたと言う声が多くありました!たまたま立ち寄ったらあったと言うこともあるので、時間があるときなど立ち寄ってみると良いかもしれませんね。

スーパーでも買えたと言う情報がありました!しかも朝ではなく深夜に買えたということで、時間は関係なさそうです。ちょっとずつ買えるようになってきていると感じている方も多いようですね。

消毒液の通販を紹介!

ということで、ここからは消毒液の通販を紹介します。店舗に行ってもなかなか買えないと言う方は通販を活用したいところですよね。

 

獨協医科大学医学部公衆衛生学講座の小橋元教授によるとウイルスや細菌の除去に適しているアルコール濃度は70~80%程度ということです。これ以下の場合ですと効果が望めないと言うことなので注意してください。また、通販では違うものが届いたなどの情報もあります。レビューなどをしっかり読んでから購入することをオススメします。