人物

ロック歌手Sは誰?日本でロックを定着させたケンカっ早い人とは?

2020年2月6日にトカナで「絶対的に回してはいけない芸能人3人」が報道されましたね。

その中でも気になったのが日本でロックを定着させた歌手のSさんです。

ケンカの強さやケンカっ早いのが有名だと言うことでした。

残念ながらイニシャルトークだったので誰かわかりませんでしたが、このロック歌手Sが誰なのか気になるところですよね。

ということで、今回は「ロック歌手Sは誰?日本でロックを定着させたケンカっ早い人とは?」と題して、ロック歌手Sについて紹介します。

ロック歌手Sの候補は?

さて、このケンカっ早いロック歌手Sさんの候補を挙げていきましょう。

まずはトカナに出てくるヒントをまとめてみました。

・ケンカが強い

・ケンカっぱやい

・口で言われるだけでも相当な恐怖がある

・40代の第一線のスタッフでもビビる

と言うことでした。

ケンカがとにかく強いと言うことなんですね。

口で言われただけでも相当な恐怖ということは顔もどちらかと言えば怖い感じなんだと思います。

 

ということで、ロック歌手Sについて候補を挙げてみました。

・M.S.

・K.S.

・T.N.

・K.K.

・E.Y.

※イニシャルは名→姓の順番です。

ということで、ぱっと思いつくロック歌手の大御所を挙げてみました。

ぱっと思いつく方を挙げてみたんですが、こう言っては失礼かもしれませんが、みなさん強面ですね。

誰がロック歌手Sであってもおかしくないと思います。

ロック歌手Sは誰?

さて、ロック歌手Sは一体誰なんでしょうか。

今回は候補にあげた5名について検証をしてみたいと思います。

ポイントは「ケンカが強い」ですね。武勇伝などがあれば紹介していきます。

M.S

1980年3月21日にシングル「アンジェリーナ」でデビューしたロック歌手です。

ケンカが強いというような情報はありませんね。

ロック歌手Sの可能性は低いですね。

 

K.S.

ニックネームはジュリーでおなじみですよね。

「ザ・タイガース」のボーカルも務めたいました。

若いころからキレやすかったという話もあり、ロック歌手Sの可能性がありますね。

 

T.N.

「乾杯」が有名ではないでしょうか。

ソロアーティストとしてアルバム初登場1位獲得数12作品、トータル売上げ2000万枚を記録しています。

見た目はケンカが強そうですが、T.N.さんが身体を鍛え始めたのは嫁にボコられたからだそうです。

ということはそこまでケンカが強いと言うことでもなさそうですね。

 

K.K.

主演映画『すかんぴんウォーク』とその主題歌『モニカ』でデビューしました。

1984年の日本歌謡大賞最優秀新人賞、また主演映画『すかんぴんウォーク』で日本アカデミー賞新人賞、ブルーリボン賞、ゴールデンアロー賞など、合計で8つの新人賞を獲得した経験を持っています。

過去に友人に形見のギターを蹴られたことでケンカとなり、骨折させたと言う話があります。

こちらの方もケンカが強いロック歌手Sである可能性は高いですね。

 

E.Y.

愛称の「永ちゃん」「ボス」でおなじみの方ですね。

熱狂的なファンが多いと言うのも有名な話ですよね。

ただ、ケンカが強いと言う感じではないですね。

ということで、この方もロック歌手Sではなさそうです。

まとめ

今回は「ロック歌手Sは誰?日本でロックを定着させたケンカっ早い人とは?」と題して、ロック歌手Sについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ケンカが強いロック歌手Sの候補として5人挙げました。

その中でも実際にケンカが強いと言われているのがK.S.さんとK.K.さんです。

ただし、今回は候補の5人を私が思いつくままに挙げました。

なので、必ずしもK.S.さんとK.K.さんのどちらかが、ロック歌手Sであるとは限らないのでご注意ください!

 

トカナに登場した演歌界の超大御所Kについてはこちらの記事を参考にしてください!

演歌界の超大御所Kは誰?人間性のバッシングは拳が飛んでくる?スポンサーリンク 2020年2月6日にトカナで「絶対的に回してはいけない芸能人3人」が報道されましたね。 その中でも気になっ...