アニメ

プロメア(映画)のネタバレとあらすじ!ガロとリオの決着と結末は?

2019年5月24日についにプロメア(映画)が公開開始になりましたね!

プロメアはなんといってもあの最強コンビの監督の今石洋之さんと脚本の中島かずきさんです。

天元突破グレンラガンやキルラキルでおなじみのコンビです。

なので、注目も期待もかなり高い作品ですよね。

 

そんな期待の作品なので、どんなストーリーなのか気になるところですよね。

そこで今回は「プロメア(映画)のネタバレとあらすじ!ガロとリオの決着と結末は?」と題して、プロメアのネタバレあらすじを紹介します。

 

プロメア(映画)のネタバレあらすじ

ここからはプロメア(映画)のあらすじネタバレを紹介します。

ただし、長めのネタバレとなっているので、時間がない方はマーカーの部分を中心に読むことを推奨します。

この先はネタバレを含みますので、映画を観に行きたい!と言う方は見ないことをオススメします。

30年前突如出現したバーニッシュは世界を炎で埋め尽くし、全世界の半分が焼失する悲劇が起った。

 

ある日、高層ビルでバーニッシュによる火災が発生した。

その通報を受けて、高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」が出動。

屋上に人が取り残されており、アイナが搭乗する高速消防垂直着陸地「RM03<スカイミス>」ではバーニッシュのエネルギーを帯びた煙に阻まれてしまう。

その煙を取り去るためにガロがレスキューギアを装着し屋上の煙を吹き飛ばし、救助を完了させる。

その時、ガロは煙の中にエネルギーが1か所に集中する場所があることをメカニックのルチアに告げられる。

 

そこにはマッドバーニッシュの3人がいた。

バーニングレスキューの隊長であるイグニスに止められるのも聞かずにガロは3人に戦いを挑む。

ガロはルチアの開発したマイトテッカーを装着し、マッドバーニッシュのゲーラとメイスを捕らえ、マッドバーニッシュのリーダーであるリオと戦う。

リオは炎から剣などの武器を作りだし、マイトテッカーをガロから引き剥がし、追い詰めるが、ガロは笑っていた。

リオと戦っている間にバーニングレスキューの仲間が屋上まで登って来ていたのだ。

レミーとバリスの攻撃を受けリオが怯んだ隙に、引き剥がされたマイトテッカーの残骸がリオの身体に纏わり付き、急速冷却機として発動。

リオはガロたちによって捕まえられた。

 

それを見計らっていたように、空からバーニッシュ犯罪を管轄する組織「フリーズフォール」が到着。

バーニッシュの事件はフリーズフォールの管轄だと言ってリオを連れて行ってしまう。

 

次の日、ガロとバーニングレスキュー一行はピザ屋で食事を取っていた。

話題はガロが自治共和国プロメポリスの司政官であるクレイに勲章を授与さたこと。

クレイはバーニッシュ火災を鎮火させる瞬間凍結材や耐火素材を開発し、フォーサイト財団を立ち上げ、司政官になった人であり、同時にガロが小さいころに命を救ってくれた恩人でもあった。

 

クレイの話をしながら食事をしていると、突然、フリーズフォールがやってきた。

フリーズフォールはバーニッシュであることを理由に店員を連行してしまう。

その時店員をかばった店主も一緒に連行されてしまう。

バーニッシュはわかるが、関係ない店主を捕まえるのはおかしいと考えるガロだったが、それは裁判が決めると言われ、どうすることもできなかった。

その事に頭にきたガロは一人バイクでどこかへ走り去っていく。

 

一方、フリーズフォールに連行されたリオはバーニッシュ収容施設に収容されていた。

そこには捕らえられた多くのバーニッシュが収容されていて、中には傷ついて今にも命を落としそうな仲間もいた。

リオは部屋の移動の際にスキをみて拘束を解き、収容されていたバーニッシュを連れて施設を脱出することに成功し、仲間たちとどこかへ飛び去って行った。

 

その頃、バイクで走り去ったガロは氷の湖に来ていた。

そこはガロが頭を冷やすためによく訪れる場所だった。

ガロがフォーサイト財団に殴りこみに行くのではないかと思ったアイナがついて来ていた。

アイナと会話をしているとき、ガロは頭上をバーニッシュが飛んでいる事に気がつく。

ガロはアイナに隊のみんなを呼んでくるように頼み、自分はバーニッシュの飛んで行った方へ行く。

 

ガロがたどり着いたのは洞窟だった。中に子供が入っていくのを確認したガロは洞窟に入ることにする。

中にはバーニッシュ達がいた。子供の一人と目があったガロは子供の人間らしさに驚き、動くことができず、後ろから何者かに殴られて気絶する。

手足を縛られた状態でガロが目を覚ますと目の前にリオがいた。

 

リオは自分たちバーニッシュは人間と同じように食事したり悲しんだりして、死んでいく。

ただ、「炎の叫び」が聞こえるだけだとガロに告げる。

そして、ガロにフォーサイト財団がバーニッシュで人体実験をしてるのを知っているのかと言う。

ガロが驚いていると、おめでたい奴だと笑い、逃避用の車を準備ができたところでその場を立ち去っていく。

話を聞いて茫然とするガロを洞窟に到着したアイナが拘束を解いてやる。

 

翌日、ガロはクレイのもとを訪れ、勲章を返すと言いだす。

理由を問うクレイにガロは「これはふさわしいものが渡し、ふさわしいものが受け取る。その両方がふさわしくない勲章は意味がないでしょう」と答える。

そして、「フォーサイト財団ではバーニッシュの人体実験をしているのか」とクレイに尋ねる。

すると、クレイは付いてきなさいと言い、部屋を出る。

どこかに向かっている最中、クレイはガロに地球の地殻内のマグマが暴走し、半年後にマグマが噴出し地表を覆うと説明する。

それを回避するために4光年先の地球と似た環境の惑星に移住させるための戦艦パルナッソス号を造っていると話す。

 

クレイとガロはある研究室に到着する。そこにはアイナの姉で天才科学者のエリスがいた。

エリスの研究は大型ワープエンジン「プロメテックエンジン」の開発であった。

実験室にはバーニッシュが磔にされた装置が置いてあり、疑問に思うガロ。

エリスの実験はバーニッシュから発生する炎をプロメテックエンジンの動力として使い、ワープを成功させるというものだった。

実験は成功したが、動力とされたバーニッシュは命を削られ、やがては死に至る。

それを見たガロはクレイの話を理解するが、納得はできないと話す。

そんなガロに対して、クレイは今までの態度を急変させ、一人でもこのことについて騒がれたら厄介だと言って、ガロを牢屋に閉じ込めてしまう。

 

一方リオはバーニッシュの隠れ里にいた。

収容所から逃げた人たちも平和に暮らしていたが、そこになぜかフリーズフォールが現れる。

なぜ隠れ里の場所がわかったのか疑問に思っているうちにリオとその他のバーニッシュはフリーズフォールに捕まってしまう。

実は収容所で救出した人の中に発信器を埋め込んでいた老人がいたのだった。

リオはバーニッシュの熱に反応して凍結させる特殊な弾丸を撃たれ、絶体絶命となる。

しかし、マッドバーニッシュのゲーラとメイスによってフェンネル火山の火口まで飛ばされ、難を逃れる。

 

フェンネル火山の火口に飛ばされたリオはそこで火口から力を得ることによって意識を取り戻し、弾丸を取り出すことに成功する。

そして、バーニッシュを捕らえたフォーサイト財団理事長のクレイに激昂し、炎を纏いドラゴンとなってプロメポリスを襲撃する。

 

リオの襲撃の余波で牢屋が破壊され、ガロは出ることができた。

バーニングレスキューが街の消火をしていると、ガロが現れ、リオを止めるのは自分だと言って、マトイテッカーを装着し、リオ目がけて飛び出す。

 

圧倒的火力でプロメポリスを蹂躙し、ついにフォーサイト財団ビルの屋上に立つクレイに渾身の一撃を放とうとしていたリオの顔に激突するガロ。

その二人をアイナがスカイミスに収容するが、ガロとリオは戦闘を続けていたので頭を冷やしなさいと言って二人を氷の湖に落とす。

 

このとき、地球の地殻内のマグマの動きが活発になったため急遽惑星へワープしようとパルナッソク号は動き出していた。

アイナの姉であるエリスはアイナが乗っていないから発進しないでくれとクレイに頼む。

しかし、クレイは一人のために止まることは許さないといい、エリスに銃を向け、元の位置に付けと言う。

エリスはそれに従い、バーニッシュを動力としたプロメテックエンジンを始動させる。

 

ガロとリオは氷の湖に落ち、リオの熱により氷が解けるとそこには謎の施設があった。

施設からはガロとリオに話しかける声があった。

声にしたがって施設に入る3人はそこでデウス・プロメスに出会う。

デウス・プロメスはバーニッシュの炎は並行世界に存在する炎の意識体「プロメア」で、それがなんらかのきっかけで並行世界と地球のコアが繋がり、プロメアと相性のいい人間がバーニッシュとなると説明する。

また、プロメテックエンジンが不完全であるため、バーニッシュに苦痛を与え、その苦痛が地球のコアにあるプロメアのエネルギー体に影響を与え、ワープした際にエネルギー体が暴走し、地球が崩壊すると説明。

さらに、デウス・プロメスは自分の研究はクレイに奪われたと言い、自分がクレイに射殺される映像を見せる。

そして、パルナッソス号を止めるためにはガロとリオの協力が必要だと言い、完全なプロメテックエンジンを搭載したデウス・X・マキナというロボットを授けてくれる。

 

ガロが操縦、リオが動力としてデウス・X・マキナに乗りこんだ二人はクレイを止めるべく、パルナッソス号に向かうが、船の甲板に撃沈させられてしまう。

ガロはデウス・X・マキナの形が気に食わないから気合が入らないと言う。

それを聞いたリオはマイトテッカーを基に炎で鎧を作りだす。

鎧をまとったデウス・X・マキナをガロは「リオデガロン」と名付け、パルナッソク号を攻撃する。

 

このとき、アイナが船内にクレイがデウスを殺した映像を流し、ワープすると地球が滅びると説明する。

これを聞いたエリスは詳しい状況を聞こうとするがクレイに妨害されてしまう。

そこでエリスはプロメテックエンジンを破壊するために出力を最大にするよう指示した。

 

リオデガロンの攻撃により、このままでは管制室がやられてしまうと思ったクレイはパルナッソク号の第一艦橋を変形させたクレイザーXで応戦する。

リオデガロンはクレイザーXを今一歩倒せなかった。むしろ、押されていた。

そんな時、ガロが「纏(まとい)」さえあれば…とつぶやく。

それを聞いたリオは炎で纏を作りだす。

ガロによりマトイテッカーと名付けられた武器を持ったオデガロンにより、クレイザーXを討ち取った。

 

パルナッソス号はリオデガロンとクレイザーXの戦いの途中でエリスの作戦通り、エンジンが壊れ、地に落ちていた。

 

クレイザーXを破壊され、外に出てきたクレイをガロが止めるのも聞かず、リオは殺そうと炎を放つ。

しかし、クレイはリオの炎がまったく効かなかった。なんとクレイもバーニッシュだった。

クレイがバーニッシュとなったのは学生の頃で、制御がきかないまま誤ってガロの家に火を付けてしまった。

中から出てきたガロをさも火の中から救出したかのように演出したと告白するクレイ。

クレイとの戦闘でリオがやられ、ガロもクレイの炎でやられてしまう。

クレイはリオを破壊されたプロメテウスエンジンの代わりにとエンジンルームに連れ去ってしまう。

 

その頃、エリスはエンジンを破壊したことでクレイの怒りを買い、フリーズフォールに追いかけられていた。

ヴァルカンに追い詰められたエリスは甲板から飛び降りてしまった。

驚いたヴァルカンだったが、エリスはアイナのスカイミスに飛び移っただけだった。

パルナッソス号に乗り込んできたバーニングレスキューはフリーズフォールを撃退。

アイナはガロを助けに行く。クレイの炎でやられたと思われたガロだったが、実はリオの炎で守られていた。

目を覚ましたガロはすぐさまリオを助けに行こうと、ドリルを搭載したマトイテッカーを装着し、エンジンルームに向かう。

 

エンジンルームではリオがエンジンのコアとなっていた。

エンジンのコアとなったリオはその苦しみの中でプロメアの意思を聞いていた。

 

エンジンルームに到着したガロはクレイと戦うが、クレイの火力にマトイテッカーは溶かされてしまう。

しかし、ガロ自身はリオの炎で守られていたため、無事だった。

炎の攻撃の中から出てきたガロはクレイを殴り飛ばし、気絶させる

 

急いでリオを助け出すが、瀕死の状態であった。

そこで、ガロは借りていた炎を口に含み、リオの口から体内に流し込む。

すると、崩れかかっていたリオの身体が復活した。

 

クレイを倒したガロとリオは暴走する地殻内のマグマを鎮めるためにもう一度リオデガロンに乗り込む。

リオはプロメアは不完全燃焼で苦しんでいる。リオの「燃やしたい気持ち」とガロの「救いたい気持ち」を合わせた救う炎で地球を燃やし尽くそうと言う。

リオデガロンに乗り込んだ二人は救う炎で地球全体を燃やし尽くす。不思議とその炎は人を焼くことはなかった。

救う炎によりプロメアは完全燃焼し、暴走する近くのマグマを鎮めた。

プロメアが燃やし尽くされた事により、地球上のプロメアが存在しなくなり、バーニッシュという存在は地球上からいなくなった。

プロメア(映画)の感想

かなり面白かったですね。バトルシーンが特に良かったです。

ネタバレでは戦いの描写を詳しく書いていないので、興味のある方は是非見てほしいですね。

それくらい良かったです。

 

序盤のガロとリオの戦いから引き込まれ、意識が途切れることなくずっと引き込まれっぱなしでした。

熱い展開なので息苦しくなるかと思っていましたが、全くそんな事はなく、途中で笑いの要素もあり、何度も見れると思います。

 

グレンラガンを見ている人にはおなじみのドリルも出てきました!

やっぱり、ドリルへの思いは強いんでしょうね。

グレンラガンと類似する点もいくつかあり、楽しめました。

もちろん、グレンラガンを知らない方でも十分に楽しめる内容です。

まとめ

今回は「プロメア(映画)のネタバレとあらすじ!ガロとリオの決着と結末は?」と題して、プロメアのネタバレを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ガロとリオは最終的に協力してクレイを倒すという結末でしたね。

映画中はずっと飽きずに見ることができる作品でした。

ネタバレの中で表現できない良さが映画にはあるので是非観てみてください。