アニメ

プロメア(映画) の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?

2019年5月24日についにプロメア(映画)が公開開始になりましたね!

プロメアはなんといってもあの最強コンビの監督の今石洋之さんと脚本の中島かずきさんです。

天元突破グレンラガンやキルラキルでおなじみのコンビです。

なので、注目も期待もかなり高い作品ですよね。

 

そんな期待の作品なので、内容も気になりますが、興行収入や観客動員数も気になるところですよね。

そこで今回は「プロメア(映画) の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?」と題して、プロメアの興行収入や上映期間を紹介します。

プロメア(映画)のあらすじとキャスト

まず、プロメア(映画) のあらすじとキャストを紹介します。

プロメア(映画)のあらすじ

世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種〈バーニッシュ〉だった。

あれから30年、〈バーニッシュ〉の一部攻撃的な面々は〈マッドバーニッシュ〉を名乗り、再び世界に襲いかかる。

〈マッドバーニッシュ〉が引き起こす火災を鎮火すべく、自治共和国プロメポリスの司政官クレイ・フォーサイトは、対バーニッシュ用の高機動救命消防隊〈バーニングレスキュー〉を結成した。

高層ビルの大火災の中、燃える火消し魂を持つ新人隊員ガロ・ティモスは、〈マッドバーニッシュ〉のリーダーで、指名手配中の炎上テロリスト、リオ・フォーティアと出会い、激しくぶつかり合う。

リオを捕らえることに成功し、クレイからその功績を認められ ―― ガロにとってクレイは幼き頃、命を救ってくれた恩人で憧れのヒーロー ―― 誇らしげに喜ぶガロであった。

しかし、リオは〈マッドバーニッシュ〉の幹部であるゲーラ、メイスと共に捕らえられていた〈バーニッシュ〉を引き連れて脱走する。

後を追ったガロが彼らのアジトにたどり着くも、そこで目にしたものは、懸命に生きる〈バーニッシュ〉たちの姿であった。

そして、リオから〈バーニッシュ〉をめぐる衝撃の真実を告げられることに。

 

何が正しいのか――。

 

そんな折、ガロたちは地球規模で進められている“ある計画”の存在を知ることになる――

救命消防隊バーニングレスキューと炎を操るバーニッシュの戦いですね。

どうやらガロとリオのふたりの主人公がいるようですね。

天元突破グレンラガンやキルラキルでもわかるように、主人公のふたりの熱い戦いが見れそうで楽しみです。

 

バーニッシュの衝撃の事実と言うのが肝になってきそうですね。

どうやら最終的にはガロとリオが真の敵に立ち向かっていくというストーリーになりそうですね。

見るのがとても楽しみです。

プロメア(映画)のキャスト

それではプロメアのキャストを紹介します。

ガロ・ティモス(バーニングレスキュー):松山ケンイチさん

 

ビニー(バーニングレスキュー):ケンドーコバヤシさん

 

リオ・フォーティア(バーニッシュ):早乙女太一さん

 

クレイ・フォーサイト(フォートサイト財団):堺雅人さん

 

デウス・プロメス博士(国家調査団):古田新太さん

 

<バーニングレスキュー>

アイナ・アルデビット:佐倉綾音さん

レミー・プグーナ:吉野裕行さん

バリス・トラス:稲田徹さん

ルチア・フェニックス:新谷真弓さん

イグニス・エクス:小山力也さん

<フォーサイト財団・その他>

エリス・アルデビット:小清水亜美さん

ビアル・コロッサス:柚木涼香さん

ヴァルカン・ヘイストス:楠大典さん

<バーニッシュ>

ゲーラ:檜山修之さん

メイス:小西克幸さん

 

と言うことで、主要なキャストは俳優陣から選ばれていますね。

そして、しっかりと脇は豪華声優陣で抑えられているので完成度の高いアニメ映画になっているのではないかと思います。

プロメア(映画)の興行収入と観客動員数は?

さて、コンフィデンスマンJP(映画)の興行収入と観客動員数を紹介します。

現在までの興行収入が判明しました!

興行収入:8.8億円

観客動員数:-

 

 

ですので、今回は最終的な興行収入がどのくらいになるのかを、配給である東宝が過去携わったアニメオリジナル映画から予想したいと思います。

東宝が過去携わったアニメオリジナル映画の興行収入はこのようになっています。

・ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間― 興行収入:0.6憶円

・ペンギン・ハイウェイ 興行収入:3.0億円

・GODZILLA 怪獣惑星 興行収入:3.4憶円

と言うことで、いずれもヒットには今一つ届かないと言う感じですね。

それぞれの興行収入の平均は2.3億円です。

ただ、今回の作品は最強コンビの監督の今石洋之さんと脚本の中島かずきさんなのでもう少し興行収入は高いと思います。

ですので、プロメア(映画)の最終的な興行収入は5億円前後になると予想します。

やはり最強タッグと言うことで期待する方が多いのではないでしょうか。

そこを考慮すると5億円はいくのではないかと思います。

プロメア(映画)の上映はいつまで?

プロメア(映画)の上映はいつまでなのでしょうか。

2019年7月2日の時点で、公開している劇場は1日に1回となっていました。

ですが、栃木や京都の劇場では7月26日に応援上映を行うところがあります。

東京の吉祥寺では8月23日から再上映も予定されています。

なので、基本的には7月21日までに公開終了になるところが多いと思います。

ですが、各地で少し長く公開していると頃もあるのでチェックしてみて下さい!

 

 

一般的に上映期間は1カ月となっています。

人気が高い場合にはこの期間にプラスされていきますが、今回のプロメアは興行収入から考えてその可能性が低いと思います。

なので、プロメア(映画)の上映は6月24日までになると予想します。

一般的な映画の上映期間と同じくらいの長さになるのではないかと思います。

興味があるけど観に行くのを迷っていると言う方は1カ月間の公開なので、早めに脚を運ぶ事をオススメします。

 

まとめ

今回は「プロメア(映画) の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?」と題して、プロメアの興行収入や上映期間をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

現在、興行収入に関する情報はありませんでした。

最強コンビの監督の今石洋之さんと脚本の中島かずきさんの作品なので5億円前後になると予想しました。

上映期間は通常の1カ月と考えられるので6月24日までではないでしょうか。

7月12日には公開が終了する可能性が高いです。

気になる方は早めに映画館に観に行くことをオススメします。

https://kanameblog.com/promeadvd/