マンガ

俺だけレベルアップな件(漫画)第42話のネタバレあらすじ!絶体絶命の旬

漫画・小説を無料で読めるアプリ「ピッコマ」にて連載されている「俺だけレベルアップな件」のあらすじとネタバレを紹介します。

俺だけレベルアップな件は異次元と現世を結ぶゲートの中に出現するモンスターを狩るハンターの話です。

主人公は人類最弱兵器と呼ばれるE級ハンターの「水篠旬」です。

ある日Dダンジョンに隠された高難易度ダンジョンで死に直面してから特別な能力に目覚め、最弱から最強になると言う漫画です。

今回は俺だけレベルアップな件(漫画)の第42話ネタバレとあらすじと感想について紹介します。

俺だけレベルアップな件42話のネタバレとあらすじ

さて、俺だけレベルアップな件の第42話のネタバレとあらすじを紹介します。

俺だけレベルアップな件41話の振り返り

まずは俺だけレベルアップな件の41話のあらすじを紹介します。

転職クエストを開始します、交戦時間の長さに合わせて上位クラスへの転職に必要なポイントが付加されますというウィンドウが現れる。

旬の周りにあるゲートから甲冑が次々と現れる。

旬はスキルを駆使して戦うも、マナが足りず、帰還石を使おうか悩む。

そこに甲冑からの攻撃を受けてしまう。

再度立ち上がる旬だったが、そこで過去に史上最弱兵器と呼ばれていたころを思い出す。

限界の近い旬は、馬渕や観月の幻覚と共に、自分の幻覚を見る。

俺だけレベルアップな件42話のあらすじとネタバレ

ここからは俺だけレベルアップな件42話のあらすじとネタバレを紹介します。

幻覚の自分は今の旬を見て、これがホントに俺なの?と言い、だけど変わったのは表だけ、中身は今も弱いままと語りかけてくる。

さらに過去の俺と何が違うわけ?結局また死にそうだしと言う。

そこに甲冑が攻撃を仕掛けてくる。

 

旬はその甲冑を撃破するが、幻覚の自分にE級ハンター、所詮はその程度さ、ただの向こう見ずな身の程知らずと告げられる。

旬は黙れとつぶやき、甲冑にボディをくらわすが、今回の甲冑は倒れなかった。

そのまま甲冑の攻撃をくらい、床に倒れ込む旬。

幻覚の自分はまだまだだねと言い、これからもっともっと人を殺し、犠牲を払うべきだ、お前を殺すのはお前自身なのさと語りかけてくる。

そこにさらに甲冑のとどめの攻撃が迫る。

 

その直後、攻撃をかわすことのできない旬の目の前に、デイリークエストのウィンドウが現れる。

残り時間8秒、残り時間7秒と減って行くのを見て旬は転職クエストが終わるのか?と勘違いする。

幻覚の自分は、どうやらお前をここで死なせたくないみたいだな、じゃあ、また会おうと言って消えていく。

残り時間0秒、甲冑の攻撃が目前まで迫る。

するとさらにウィンドウが現れる。

お知らせ

デイリークエストが未完了です

お知らせ

[ペナルティーゾーン]に移動します

 

次の瞬間、旬はペナルティーソーンにいた。

[HP:93/10278]
[MP:202/850]
[疲労度:91]

ナイスタイミング、お陰で助かったと言い、旬はストアを開き、回復ポーションを購入する。

 

回復ポーションでは重篤のときにHPを回復できないため、自然にするのを待つつもりだった旬。

しかし、そこでレベルアップによるHP回復が可能ではないかと気付く。

死にそうな割にコンディションは最高にいいと思う旬。

問題はレベルアップに必要なだけモンスターがいるかどうか…とつぶやいていると砂漠の中から多数のモンスターが現れる。

 

旬とモンスターの戦闘が始まる。

旬は幻覚の自分が最後に言ったまた会おうという言葉を思い出し、生き残れたらまた会ってやるよと答える。

俺の命を奪えないのなら下手に苦痛を与えたところで俺をさらに強くするだけだと思いながらモンスターとの戦闘を継続する。

[残り:4時間00分00秒]

俺だけレベルアップな件42話の感想

絶体絶命の旬を救ったのがまさかのデイリークエストのペナルティでしたね。

たしかに転職クエストを始める時に後回しにしていましたが、ここでこの結果を生むとは予想できませんでした。

ペナルティーゾーンではおそらく余裕で旬が勝つと思うので次回は再度転職クエストと言うことになりそうですね。

次回の43話も楽しみです。

まとめ

「俺だけレベルアップな件」第42話のネタバレと感想をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ボロボロの旬を救ったのはデイリークエストのペナルティでしたね。

まさかの展開ですが、これでまた転職クエストに万全の態勢で臨めそうですね。

次回は転職クエストからスタートになるのでしょうか。

43話もお楽しみに!