人物

岡平健治(元19)の年収がヤバイ!RockFord Recordsとは?

「あの紙ヒコーキ くもり空わって」で有名な19のメンバーだった岡平健治さんが現在実業家として活躍していると話題になっていますね。

何でも当時を上回る週縫うを得ているそうです。

当時が5000万円の収入を得ていたということで、今はどのくらい稼いでいるのか気になりますよね。

と言うことで今回は「岡平健治(元19)の年収がヤバイ!RockFord Recordsとは?」と題して、元19の岡平健治さんの収入を紹介します。

岡平健治(元19)の年収がヤバイ!

さて、早速、岡平健治さんの年収を紹介しましょう。

岡平健治さんは現在、経営者としてライブハウスやスタジオ、カフェバーなどを経営する不動産の会長顧問として務めています。

年収ですが、なんと2億円です!

2億円はすごいですよね。歌手から経営者へとなってさらに大きな額を手にしたと言うことなんですね。

 

元19の時代には5000万円だということなので、4倍くらいの収入になっているんですね。

これは実業家としては成功と言っていいですよね。

 

とは言え、当時はなかなか苦労していたようです。

所属していた「3B LAB.☆S」の岡平さん以外のメンバーがレコード会社から契約終了を言い渡されたそうです。

その時に自分もやめますと言って経営者の道を歩み始めました。

資金はそれまで趣味で集めていたランボルギーニやコルベットなどのスーパーカーを売って集めたそうです。

 

これってかなり覚悟がいることですよね。

全くのゼロから自分で会社を立ち上げて軌道に乗せているのはすごいです。

岡平健治(元19)の会社「RockFord Records」とは

さて、収入が2億円と言う岡平健治さんですが、会長を務めている会社「RockFord Records」とはどんな所なんでしょうか。

業務内容をまとめてみました。

1. アーティスト・タレントのマネージメント・養成

2. 著作物の著作権及び著作隣接権の取得・譲渡・管理並びに利用開発

3. コンサート・イベント等の企画・制作並びに実

4. コマーシャルソング・コマーシャルフィルム・放送番組並びに映画の企画・制作並びに販売

5. 書籍・雑誌・楽譜及び各種刊行物の企画・制作・管理並びに発行

6. キャラクター商品(個性的な名称や特徴を有する人物・動物等の画像・文字を付したもの)の企画・制作・管理並びに販売

7. 広告代理店業務

8. 不動産の売買・賃貸及びそれらの仲介並びに管理

9. ファンクラブの運営

10. 飲食店の経営

11. 前各号に附帯する一切の業務

とい感じですが、正直なところ良くわからないですよね。

アーティストのマネジメントからコンサートやグッズの販売、曲の提供を取り仕切ると言う感じでしょうか。

その他に、不動産の経営が入ると考えれば良いと思います。

 

経営しているのは音楽スタジオ、ライブハウス「MELODIA Tokyo」、バー「星屑と三日月」などです。

岡平さんは単純に不動産収益が欲しいというわけではなく、駆け出しのミュージシャンや売れないミュージシャンでもレコーディングやライブが出来る場所を提供したいと考えているそうです。

音楽業界を自分なりに盛り上げていこうという姿勢何ですね。

アーティストが岡平さんの周りに集まっているのも納得です。

まとめ

今回は「岡平健治(元19)の年収がヤバイ!RockFord Recordsとは?」と題して、元19の岡平健治さんの収入をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

岡平健治さんの年収は2億円です。

当時19だったころは5000万円ということなので、実に4倍ですね。

経営している会社は「RockFord Records」で、アーティストのマネジメントや不動産の経営を行っています。

駆け出しのミュージシャンや売れないミュージシャンでもレコーディングやライブが出来る場所を提供したいという考えのもと経営を行っているそうです。