映画

記憶にございませんの上映期間はいつまで?興行収入や観客動員数は?

三谷幸喜監督の最新作『記憶にございません!』が2019年9月13日に公開になりましたね!

前回の三谷幸喜監督の映画ギャラクシー街道は2015年10月24日公開でしたので実に4年ぶりで、やっときたかという感じがします。

4年ぶりということで期待の高まる今回の映画の舞台は政界です。
いったいどんな映画になるのか楽しみですね。

さて、そんな映画「記憶にございません!」ではどのくらいの興行収入と観客動員数になるのか気になるところです。

今回は「記憶にございませんの上映期間はいつまで?興行収入や観客動員数は?」と題して、映画「記憶にございません!」の興行収入や観客動員数、上映期間について紹介します。

ファンの一人として4年ぶりの映画は是非とも行きたいですね。

記憶にございません!のあらすじ

まず、記憶にございません!のあらすじを紹介します。

病院のベッドで目が覚めた男。自分が誰だか、ここがどこだか分からない。一切の記憶がない。
こっそり病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースに自分が映っていた。
演説中に投石を受け、病院に運ばれている首相。そう、なんと、自分はこの国の最高権力者だったのだ。
そして石を投げつけられるほどに…すさまじく国民に嫌われている!!!

部下らしき男が迎えにきて、官邸に連れて行かれる。
「あなたは、第百二十七代内閣総理大臣。
国民からは、史上最悪のダメ総理と呼ばれています。
総理の記憶喪失は、トップシークレット、我々だけの秘密です」
真実を知るのは、秘書官3名のみ。

進めようとしていた政策はもちろん、大臣の顔と名前、国会議事堂の本会議室の場所、自分の息子の名前すら分からない総理。
記憶にない件でタブロイド紙のフリーライターにゆすられ、記憶にない愛人にホテルで迫られる。
どうやら妻も不倫をしているようだし、息子は非行に走っている気配。
そしてよりによってこんな時に、アメリカ大統領が来日!

他国首脳、政界のライバル、官邸スタッフ、マスコミ、家族、国民を巻き込んで、
記憶を失った男が、捨て身で自らの夢と理想を取り戻す!
果たしてその先に待っていたものとは…!?

なんと今回の映画は記憶を失った総理大臣が主人公のようです。

この設定だけで少し笑えてきますね。

しかも史上最悪のダメ総理ということで、あらすじだけで期待が高まりますね。

記憶にございません!の興行収入と観客動員数は?

さて、記憶にございません!の興行収入と観客動員数を紹介します。

現在のところ、興行収入と観客動員数に関する情報はありません。

興行収入:-

観客動員数:-

 

なので、今回は過去の三谷幸喜監督の作品から興行収入を予想したいと思います。

過去の三谷幸喜監督の作品の興行収入はこのようになっています。

・ザ・マジックアワー 興行収入:39.2億円

・ステキな金縛り 興行収入:42.8億円

・清須会議 興行収入:29.6憶円

・ギャラクシー街道 興行収入:13.2憶円

と言うことで、全ての作品でヒットとなっていますね。

ただ、最近の作品は興行収入が少しずつ落ちています。

4つ作品の興行収入の平均を計算すると31.2億円です。

これらの事を踏まえると、記憶にございません!の最終的な興行収入は30億円前後になると予想します。

最近では少しヒット作から遠ざかっている三谷幸喜監督の作品ですが、今回の作品では待望の大ヒットになるのではないでしょうか。

記憶にございません!の上映はいつまで?

記憶にございません!の上映はいつまでなのでしょうか。

一般的に上映期間は1カ月となっています。

ただ、人気が高い場合にはこの期間にプラスされていきます。

記憶にございません!もこれに該当する可能性は高いと思います。

なので、記憶にございません!の上映は10月31日までになると予想します。

一般的な映画の上映期間が1カ月だと考えるとそれよりも長くなるのではないかと思います。

観に行く予定がないと言う方も1カ月と2週間は公開しているので、気が向いたら行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は「記憶にございませんの上映期間はいつまで?興行収入や観客動員数は?」と題して、映画「記憶にございません!」の興行収入や観客動員数、上映期間についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

台風家族の興行収入は30億円前後と予想しました。

上映期間は10月31日までと一般的な映画より長くになると考えます。

9月13日から公開が始まった記憶にございません!に是非足を運んではいかがでしょうか。