人物

西浦博(8割おじさん)のwikiプロフィール!経歴や学歴を紹介!

8割おじさんこと西浦博教授が感染拡大阻止で『8割』という数字にこだわる理由が話題になっていますよね。

8割の理由についての記事はBuzzFeedに掲載されています(話題に記事はこちらからアクセスできます!)。

さて、この8割おじさんこと西浦博教授は一体どんな人物なのでしょうか。

今回は「西浦博(8割おじさん)のwikiプロフィール!経歴や学歴を紹介!」と題して、西浦博さんについてのプロフィールを紹介します。

西浦博(8割おじさん)のプロフィール

さて、それでは早速、北海道大学社会医学分野教授である西浦博さんのプロフィールを紹介します。

名前:西浦 博(にしうら ひろし)

生年月日:1977年

生まれ:大阪

育ち:兵庫県神戸市

所属:北海道大学 医学研究院 社会医学系部門 社会医学分野

専攻:感染症数理モデルを利用した流行データの分析

生まれたのは1977年ですね。2020年で43歳です。若くして大学教授になったようですね。

生まれたのは大阪で、育ちは兵庫県神戸市です。少年時代はロボットコンテストやソーラーカーの開発に憧れていたそうです。

現在は北海道大学で教鞭をとっています。自身の専攻分野としては感染症の流行を予測するデータ分析をしていますね。

8割という数字も数式を使ったデータ分析から算出したとBazzFeedの記事の中で解説していました。

西浦博(8割おじさん)の学歴は?

続いて、北海道大学社会医学分野教授である西浦博さんについて学歴を紹介します。

出身高校

出身高校は神戸市立工業高等専門学校ですね。幼少期からロボットコンテストやソーラーカーに興味を持っていたということでそちらの分野に進んだんですね。

神戸市立工業高等専門学校は偏差値62~65で、兵庫県内では34位の偏差値を誇っています。

現在では5種類の学科(電気工学、電子工学、応用化学、都市工学、機械工学)を有していますね。

出身大学

神戸市立工業高等専門学校に進学した西浦さんでしたが、そこで阪神淡路大震災に遭います。被災者を助ける意志の姿を見て、工学から医学の道に進む決意をしたそうです。

そこで選んだ大学が宮崎医科大学(現在の宮崎大学医学部)です。

4年生の時に参加した感染症撲滅のプロジェクトで感染症の流行を予測する数式にであい、魅了されたと言うわけですね。

宮崎大学医学部を卒業してから2年後には広島大学大学院 保健学研究科に入学しています。そこで、保健学博士を取得していますね。

西浦博(8割おじさん)の経歴は?

ここからは、北海道大学社会医学分野教授である西浦博さんについて経歴を紹介します。

<2002年05月~2003年03月>
東京都立荏原病院 内科感染症科非常勤医師(臨床研修医)

<2003年04月~2003年10月>
マヒドン大学熱帯医学校大学院生

<2004年04月~2005年03月>
インペリアルカレッジ医学部感染症疫学客員研究員

<2004年04月~2006年03月>
広島大学保健学研究科大学院生

<2005年04月~2007年08月>
チュービンゲン大学医系計量生物学研究所研究員

<2006年04月~2007年08月>
長崎大学熱帯医学研究所特任准教授

<2007年09月~2011年03月>
ユトレヒト大学理論疫学博士研究員、その後、さきがけ主任研究者

<2011年04月~2013年04月>
香港大学公衆衛生大学院助理教授

<2013年06月~2016年03月>
東京大学大学院医学系研究科 国際社会医学講座准教授

<2016年04月~現在>
北海道大学大学院医学研究院社会医学分野教授

長崎大学、ユトレヒト大学、香港大学、東京大学を経て、現在の北海道大学の教授となったんですね。