映画

人間失格(映画)の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?

「人間失格 太宰治と3人の女たち」の映画が2019年9月13日に公開になりましたね!

この映画は累計1200万部を超える売り上げの「人間失格」を生み出した太宰治を描いた物語です。

主演には小栗旬さん、その他のキャストには宮沢りえさん、沢尻エリカさん、二階堂ふみさんなどの豪華俳優陣が出演しています。

 

さて、そんな映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」ではどのくらいの興行収入と観客動員数になるのか気になるところです。

今回は「人間失格(映画)の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?」と題して、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の興行収入や観客動員数、上映期間について紹介します。

人間失格(映画)のあらすじ

まず、人間失格 太宰治と3人の女たちのあらすじを紹介します。

天才作家、太宰治。

身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返すー。

その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた。

太宰は、作家志望の静子の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄にも救いを求めていく。

ふたりの愛人に子どもがほしいと言われるイカれた日々の中で、それでも夫の才能を信じる美知子に叱咤され、遂に自分にしか書けない「人間に失格した男」の物語に取りかかるのだが・・・

太宰治を描くこの作品ですが、はたしてどうなるのでしょうか。

気になる方は是非映画館へ!

人間失格(映画)の興行収入と観客動員数は?

さて、人間失格 太宰治と3人の女たちの興行収入と観客動員数を紹介します。

現在のところ、興行収入と観客動員数に関する情報はありません。

興行収入:-

観客動員数:-

 

なので、今回は小栗旬さんが出演した過去の作品から興行収入を予想したいと思います。

小栗旬さんが出演した過去の作品の興行収入はこのようになっています。

・銀魂2 掟は破るためにこそある 興行収入:37.0億円

・響 -HIBIKI- 興行収入:5.5億円

・コンフィデンスマンJP -ロマンス編- 興行収入:29.3憶円

・Diner ダイナー 興行収入:12.2憶円

と言うことで、大ヒットした映画とそうでない映画の半々といったところですね。

4つ作品の興行収入の平均を計算すると21.0億円です。

なので、台風家族の最終的な興行収入は20億円前後になると予想します。

響やDinerではあまり興行収入が振るわなかったようですが、今回の作品では大ヒットになるのではないでしょうか。

人間失格(映画)の上映はいつまで?

人間失格 太宰治と3人の女たちの上映はいつまでなのでしょうか。

一般的に上映期間は1カ月となっています。

ただ、人気が高い場合にはこの期間にプラスされていきます。

人間失格(映画)もこれに該当する可能性は高いと思います。

なので、人間失格 太宰治と3人の女たちの上映は10月31日までになると予想します。

一般的な映画の上映期間が1カ月だと考えるとそれよりも長くなるのではないかと思います。

観に行く予定がないと言う方も1カ月ちょっと公開しているので、気が向いたら行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は「人間失格(映画)の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?」と題して、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の興行収入や観客動員数、上映期間についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

人間失格(映画)の興行収入は20億円前後と予想しました。

上映期間は10月31日までと一般的な映画より長くになると考えます。

9月13日から公開が始まった人間失格 太宰治と3人の女たちに是非足を運んではいかがでしょうか。