テレビ

神戸市教育委員会教育長の長田淳の経歴や家族は?出身や高校や大学はどこ?

10月4日に報道された神戸市立東須磨小学校の教員が同僚の教師を集団でいじめていたという事件が話題になっていますよね。

20代の男性教員が激辛カレーを目にこすりつけられたり、車を傷付けられたりされ、精神的に不安定になって9月から療養しているようです。

10月7日に神戸市の教育委員会会議では同小学校の20代教員4人が、先輩教員4人に暴行や暴言を受けていたことも明らかになりました。

同小学校の前校長はこの事態を知っていた上で教育委員会に報告しなかったとして、教育委員会で処分を検討しているそうです。

 

さて、今回話題になっている神戸市の教育委員会の委員長はどんな方なんでしょうか。

今回は「神戸市教育委員会教育長の長田淳の経歴や家族は?出身や高校や大学はどこ?」と題して、神戸市教育委員会教育長の長田淳さんについて紹介します。

神戸市教育委員会教育長の長田淳さんの顔やプロフィール

それでは神戸市教育委員会教育長の長田淳さんの顔やプロフィールについて紹介します。

名前:長田淳(ながたじゅん)

生年月日:-

年齢:58歳

出身:-

大学:-

現在のところ判明しているプロフィールは以上になります。

とはいえ、判明しているのは名前と年齢だけです。

他の情報は現在ありませんでしたので、情報が入り次第更新したいと思います。

 

教育委員会教育長の長田淳さんですが、教師の問題に直面したのは今回が初めてではありません。

2018年には、神戸市立中学の3年生の女子生徒が自殺し、同級生らの聞き取りメモが隠ぺいされた問題がありました。

ここでも当時の校長が教職員に隠ぺいの指示ではないが、生徒へのカウンセリング資料は本来残すべきものではなく、今さら出せないと説明していたようです。

神戸市教育委員会教育長の長田淳さんの経歴は?

神戸市教育委員会教育長の長田淳さんの経歴をまとめてみました。

昭和58年4月 神戸市採用
平成11年4月 保健福祉局中央市民病院事務局庶務課長
平成14年4月 住宅局住宅部計画課長
平成15年4月 都市計画総局庶務課長
平成16年4月 行財政局職員部人事課長
平成19年4月 企画調整局デザイン都市推進室長
平成21年4月 行財政局職員部長
平成23年4月 保健福祉局参与(財団法人神戸市地域医療振興財団へ派遣)
平成24年4月 こども家庭局長
平成25年12月 市長室長
平成29年4月 市民参画推進局長
平成30年4月 教育長

昭和58年から平成11年までの経歴は不明です。

平成11年から様々な部署にて課長を経験され、その後部長、そして局長を経て、現在の教育長になっていますね。

まとめ

今回は「神戸市教育委員会教育長の長田淳の経歴や家族は?出身や高校や大学はどこ?」と題して、神戸市教育委員会教育長の長田淳さんについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

出身や大学、子供などの家族に関する情報はありませんでした。

情報が入り次第更新したいと思います。

平成11年から色々な部署の課長を経験し、平成30年に教育長になったんですね。

教育長の立場からどう神戸市内の教員を変えていくのか、今後の改善に期待したいですね。