イベント

みずほ銀行年末年始2019-2020振込手数料は?限度額や時間とやり方も!

さて、いよいよ2019年も1カ月を切りました。

年末にかけて慌ただしい日々を過ごしている方が多いのではないでしょうか。

特にお金に関しては新しい年を迎える前に振込を済ませてしまいたいと考える方もいらっしゃると思います。

そこで気になるのが年末年始の振込手数料や反映のタイミングではないでしょうか。

そこで今回は「みずほ銀行年末年始2019-2020振込手数料は?限度額や時間とやり方も!」と題して2019-2020年のみずほ銀行における振込に関することを紹介します。

みずほ銀行年末年始2019-2020の窓口やATMの営業時間は?

まずは2019-2020年年末年始のみずほ銀行の窓口やATMの営業時間について紹介します。

みずほ銀行のみならず、全ての銀行は「銀行法」によって休日が定められています。

<銀行法で定められている休日>

・土曜日

・日曜日

・祝日

・12月31日~1月3日

これを踏まえて、年末年始におけるみずほ銀行の営業日を見ていきましょう。

窓口の営業時間

2019-2020年の年末年始におけるみずほ銀行の窓口の営業時間を紹介します。

具体的に12月27日~1月6日までのみずほ銀行の営業日と営業時間を紹介します。

日付 営業時間
12月27日(金) 9:00~15:00
12月28日(土) ×
12月29日(日) ×
12月30日(月) 9:00~15:00
12月31日(火) ×
1月1日(水) ×
1月2日(木) ×
1月3日(金) ×
1月4日(土) ×
1月5日(日) ×
1月6日(月) 9:00~15:00

土日休みと12月31日~1月3日の休みで、年末年始はほとんど窓口が開いていません。

12月30日が2019年最後の営業日となります。

ですが、ここはかなり混雑することが予想されます。

ですので、混雑回避のためにも窓口での振込は12月27日(金)以前がオススメです。

 

ATMの営業時間

2019-2020年の年末年始におけるATMの営業時間を紹介します。

今回は「みずほ銀行ATM、イオン銀行ATM、イーネット・ローソン銀行」について紹介します。

なお、ゆうちょ銀行とセブン銀行ATMでは振込は利用できないので注意しましょう!

みずほ銀行ATMの営業時間

みずほ銀行ATMの営業時間を紹介します。

日付 営業時間
12月27日(金) 0:00~24:00
12月28日(土) 0:00~3:00、5:00~22:00
12月29日(日) 8:00~21:00
12月30日(月) 7:00~24:00
12月31日(火) 0:00~24:00
1月1日(水) 0:00~24:00
1月2日(木) 0:00~24:00
1月3日(金) 0:00~24:00
1月4日(土) 0:00~3:00、5:00~22:00
1月5日(日) 8:00~21:00
1月6日(月) 7:00~24:00

※1 平日のみ稼働店、土曜日稼働店、土日祝日稼働店の場合は12月31日~1月3日を祝日として考えてください。

※2 月~金の8:45~18:00以外は「現金による振込」と「硬貨を伴う振り込み」は出来ません。

 

イオン銀行ATMの営業時間

イオン銀行ATMの営業時間を紹介します。

日付 営業時間
12月27日(金) 0:00~24:00
12月28日(土) 0:00~3:00、5:00~21:00
12月29日(日) 8:00~21:00
12月30日(月) 8:00~24:00
12月31日(火) 0:00~21:00
1月1日(水) ×
1月2日(木) ×
1月3日(金) ×
1月4日(土) 8:00~21:00
1月5日(日) 8:00~21:00
1月6日(月) 8:00~24:00

イオン銀行では2020年1月1日~3日までが終日振込が出来ないです。

 

イーネット・ローソン銀行ATMの営業時間

最後にイーネット・ローソン銀行ATMの営業時間を紹介します。

日付 営業時間
12月27日(金) 0:00~24:00
12月28日(土) 0:00~3:00、5:00~22:00
12月29日(日) 8:00~24:00
12月30日(月) 0:00~24:00
12月31日(火) 0:00~24:00
1月1日(水) 0:00~21:00
1月2日(木) 7:00~24:00
1月3日(金) 0:00~24:00
1月4日(土) 0:00~3:00、5:00~22:00
1月5日(日) 8:00~24:00
1月6日(月) 0:00~24:00

なお、セブン銀行での振込は出来ないので注意してください!

みずほ銀行年末年始2019-2020の振込手数料は?

続いて2019-2020年年末年始のみずほ銀行の振込手数料や限度額について紹介します。

窓口・みずほダイレクトで行う場合は「振込手数料のみ」です。

ですが、ATMで振り込む場合は、「振込手数料+ATM手数料」となります。

窓口の振込手数料

まずは窓口における振込手数料を紹介します。

振込先 3万円未満 3万円以上
同一支店 440円 660円
本支店 440円 660円
他行宛 770円 990円

 

みずほダイレクトの振込手数料

みずほダイレクトにおける振込手数料を紹介します。

振込先 3万円未満 3万円以上
同一支店 0円 0円
本支店 110円 220円
他行宛 220円 440円

※みずほダイレクトのテレホンバンキング(オペレーターサービス)は振込手数料が高くなるので注意してください。

 

ATMの振込手数料と利用手数料

最後にATMの振込手数料を紹介します。

ATMは振込手数料の他にATM利用手数料もかかるので、今回はどちらも紹介してきます。

振込手数料

振込先 キャッシュカード 現金
3万円未満 3万円以上 3万円未満 3万円以上
同一支店 0円 0円 110円 330円
本支店 110円 220円 110円 330円
他行宛 220円 440円 440円 660円

 

ATM利用手数料

ATMの利用手数料はATMごとに異なります。

今回はみずほ銀行ATM、イオン銀行ATM、イーネット・ローソン銀行ATMについて紹介します。

<みずほ銀行ATM>

12月31日~1月3日は祝日扱いとなります。

時間 平日 土曜日 日曜日・祝日
0:00~
8:00
220円 220円 220円
8:00~
8:45
110円 110円 110円
8:45~
18:00
なし
18:00~
22:00
110円
22:00~
23:00
休止
23:00~
24:00
220円 220円

 

<イオン銀行ATM>

12月31日~1月3日は祝日扱いとなります。

時間 平日 土曜日 日曜日 祝日
0:00~
8:00
220円 220円 休止 220円
8:00~
8:45
110円 110円 110円 110円
8:45~
18:00
なし
18:00~
22:00
110円
22:00~
23:00
休止
23:00~
24:00
220円 220円 220円

 

<イーネット・ローソン銀行ATM>

12月31日~1月3日は祝日扱いとなります。

時間 平日 土曜日 日曜日 祝日
0:00~
8:00
220円 220円 休止 220円
8:00~
8:45
220円
8:45~
18:00
110円
18:00~
22:00
220円
22:00~
23:00
休止
23:00~
24:00

 

みずほ銀行年末年始2019-2020振込が反映されるのはいつ?

2019-2020年年末年始のみずほ銀行の振込が反映されるのがいつかを紹介します。

結論から言うと、24時間即時反映されます。

ただ、24時間即時反映されるのは「モアタイムシステム参加金融機関」に名前のある金融機関に振り込む場合です。

自分が振り込む金融機関は「モアタイムシステム参加金融機関一覧」から確認してください。

なので、自分がどの金融機関に振り込むかによって即時反映されるかどうかがか変わってきます。

即時反映されることがほとんどですが、システムの関係で遅くなる場合もあります。

もし遅れていたらシステムのメンテナンスをしているんだろうなと思っておきましょう。

 

モアタイムシステム参加金融機関の一覧に名前のない場合

もし、モアタイムシステム参加金融機関の一覧に名前のない場合は反映のパターンが3つあります。

<0:00~8:59に振込をした場合>

こちらの場合は基本的に当日の9時ごろに反映される場合がほとんどです。

ただし、振込先のシステムの関係だったり、月末だったりすると少し遅くなる場合があります。

ですが、ほとんどの場合で営業時間が始まってすぐに反映されます。

 

<9:00~15:00に振込をした場合>

こちらの場合はほとんど時間差なく、即時反映されます。

ただし、窓口で15:00ギリギリに手続きしてしまうと翌日振込になってしまう可能性があります。

少し余裕を持って振込をした方が確実ですね。

 

<15:00以降に振込をした場合>

こちらの場合は翌営業日に反映となります。

月~木であれば次の日、金曜日であれば月曜日の9時ごろに反映されることになります。

12月30日の15:00以降に振り込んでしまうと、1月6日まで振込が完了しないので注意してください!

みずほ銀行の振込限度額は?

2019-2020年年末年始のみずほ銀行の振込限度額について紹介します。

窓口やATMといった手続きをする場所によってもことなるので注意してください。

窓口 利用限度額なし ※ただし、10万円以上は本人確認書類が必要
ATM

現金:1回あたり10万円まで(1日の制限なし)

生体承認付きICキャッシュカード:200万円

ICキャッシュカード:200万円

磁気ストライプカード:100万円

みずほダイレクト 登録先振込口座:2,000万円

登録先振込口座以外:0~500万円 ※利用限度額を指定していない場合は50万円

 

みずほ銀行の振込のやり方は?

みずほ銀行の振込のやり方を紹介します。

といっても窓口、ATM、みずほダイレクトで難しい作業はありません。

窓口

窓口ですが、まず銀行についたら「振込用紙」に必要事項を記入します。

このとき、銀行に備え付けられた机に見本があるのでそれに沿って書きます。

書き終わったら窓口に行き、振込用紙を出せばOKです。

通帳かキャッシュカード、印鑑が必要になるので必ず持って行くようにしましょう。

もし、10万以上を振り込む場合は本人確認書類がいるので必ず持って行くようにしましょう。

 

ATM

ATMで振込をする場合にはキャッシュカードにより振込か、現金による振込の2つのパターンがあります。

とはいっても、振込のやり方はほとんど変わらず、ATMの最初の画面で振込を選択すればOKです。

あとは画面の案内に沿って進めていけば完了となります。

現金による振込のときには、途中で現金を入れるという作業がありますが、その他は大きな違いはありません。

 

みずほダイレクト

みずほダイレクトで振込をする場合にはみずほダイレクトご利用カードが必ず必要になります。

まず、みずほダイレクトに登録していることが大前提です。

登録していない方はまず登録を済ませてしまいましょう。

登録が終わったら、ログインしてください。

ログインしてサイドバーのメインメニューからお振込をクリックしてください。

振込先が登録してある場合は、一覧から振込先をチェックして「次へ」を押してください。

登録ていない場合は新しいお振込先をチェックして「次へ」を押して必要事項を記入してください。

振込金額を入力すると、第2暗証番号を入れるところが出てくると思います。

そこにみずほダイレクトご利用カードから数字を入れて振込実行を押せばOKです。

まとめ

今回は「みずほ銀行年末年始2019-2020振込手数料は?限度額や時間とやり方も!」と題して2019-2020年のみずほ銀行における振込に関することをご紹介てきましたが、いかがでしたでしょうか。

みずほ銀行の年末年始の窓口の営業日は12月30日のみでしたね。

ATMは基本毎日やっているようです。ただ営業時間が日によって違うので買う人しておきましょう。

振込手数料は窓口、ATM、みずほダイレクトで違っているので注意しておくといいと思います。

限度額も窓口、ATMなどで違い、ATMに関してはキャッシュカードの種類によっても違います。

年末年始にみずほ銀行で振り込む場合は是非参考にしてください!