テレビ

ミヤネ屋の放送事故のその後は?中継で男が乱入で女性リポーターは大丈夫?

2020年6月15日にミヤネ屋で放送事故がありましたね!

東京新宿の歌舞伎町の交差点で中継をおこなっていたミヤネ屋ですが、画面の奥から信号を無視して女性リポーターに近づく人影が。

近づいてきた男性は何かを話しながら女性リポーターを殴ろうとし、避けてもまだ殴ろうとしてきたため、中継が中止となりました。

この映像に衝撃を受けた視聴者が多かったのではないでしょうか。女性リポーターは大丈夫なのかという声も多くありました。

この事件は中継が中止となったためその後がわからなかった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「ミヤネ屋の放送事故のその後は?中継で男が乱入で女性リポーターは大丈夫?」と題して、ミヤネ屋の中継男性乱入事件のその後がどうなったのか紹介します。

ミヤネ屋の放送事故の動画を紹介!

さて、まずなミヤネ屋で起こった中継で男性が乱入し、女性リポーターを殴ろうとした放送事故の動画を紹介します!

交差点の信号が変わっているにも関わらず、歩いてくる人がいるなと思っていたら女性リポーターの隣にきて殴りかるというのはもはや恐怖映像ですよね。結構な速度で腕を振っているので当たったらいたそうですよね。

この映像を見てかなり怖いと感じる方もいらっしゃったのではないでしょうか。結構、衝撃を受けますよね。歌舞伎町が怖いと感じた方も多いと思います。

映像を見る限りでは女性リポーターにパンチは当たっていないようですが、一体その後はどうなったのでしょうか。

ミヤネ屋放送事故のその後は?

ミヤネ屋で起こった中継で男性が乱入し、女性リポーターを殴ろうとした放送事故のその後はどうなったのでしょうか。

調べてみたところ、デイリーがその後について報道していました!こちらがデイリーの記事の抜粋です。

読売テレビ総合広報部によると、男がすぐに立ち去り、東リポーターやスタッフに被害はなかったため、その場で警察に通報はしなかったという。担当者は「その人(男)の意図はわからないが、番組では通常の中継をしておりました。大きなトラブルにはなっておりません」と説明した。

デイリーより引用

ということで、あの後男性はすぐに立ち去り、女性リポーターとスタッフには被害が無かったということでした。

ちなみにデイリーからの引用にある「東リポーター」が女性リポーターの名前です。東リポーターやスタッフに怪我が無かったのは良かったですね。

ただ、いったいこの男性がなぜ近づいてきて殴ろうとしたのかについてははっきりしていません。その部分が少し怖いですよね。

もしかしたら、写ってはいけないものがあるから中継を中止させたなんてこともあるかもしれません。ただ、真相は男性のみぞ知るという感じですね。

みんなの反応

ここからはミヤネ屋の放送事故に関するみんなの反応を紹介します。

結構衝撃を受けた方が多かったですね。確かに中継の途中でいきなりこの映像が流れたらどうしたんだろうと思いますよね。

女性リポーターを心配する声も多く見られました。中継中止後は特に事件は起きず、女性リポーターにも怪我が無かったので良かったですね。