マンガ

MAO(高橋留美子)最新4話ネタバレとあらすじは?子爵の正体とは?

週刊少年サンデー23号で高橋留美子さんの新連載「MAO」が始まりましたね!

高橋留美子さんと言えば「うる星やつら」や「めぞん一刻」、「犬夜叉」で有名ですよね。

 

今回の週刊少年サンデー26号では第4話となります。

第3話では再び不思議な地へ行き、自分が何者かを知るため摩緒の後についていった菜花は首なし事件の犯人と考えられる子爵の屋敷に来たという内容でしたが、第4話ではどうなるのでしょうか。

そこで今回は「MAO(高橋留美子)最新4話ネタバレとあらすじは?子爵の正体とは?」と題して、MAO第4話のネタバレを紹介します。

MAO(高橋留美子)最新4話ネタバレとあらすじは?

それでは早速MAO最新4話のネタバレとあらすじを紹介します。

ここからは第4話のネタバレが含まれますので、苦手な方や自分で読みたい方は注意してください!

子爵家の旦那さまが「わしの事を外の者に話しただろう」と刀を手に小夜子に迫る。

わしの邪魔はさせんと小夜子に斬りかかろうとした瞬間、窓から「首なし事件はお前の仕業だな?」と言って摩緒が入ってきた。

その様子を1階から見ていた菜花と乙弥も2階の旦那様の部屋に向かう。

 

摩緒は旦那さまに若い男ばかりを殺し、首を持ち去るのはなぜかと尋ね、さらに本当にこの家の主かと言う。

旦那様はそれに意味深な笑いで答え、そばにいた小夜子を摩緒に投げつけ、ベランダから外に出る。

小夜子を菜花と乙弥に任せて摩緒も窓の外へ出る。

その時、部屋にいた奥さんは菜花達が何者か尋ねてきたので陰陽師であると答える。

 

屋上で摩緒は旦那さまに猫鬼かと聞く。

聞きながら摩緒は旦那さまが猫鬼ではないと妖気から感じ取っていた。

旦那さまが貴さまの首も襲ってくるが、手に持っていた刀を摩緒がはじき、顔の包帯を斬り裂いた。

包帯が外れると旦那さまの顔が糸なり、その糸の間からは蜘蛛が出てきた。

旦那様の身体はすでに死んでおり、蜘蛛に操れていた?と摩緒が考えていると、さっきまでいた旦那さまの寝室から糸が大量に噴出した。

 

それを見て慌てて旦那さまの部屋に戻る摩緒。

すでに菜花は蜘蛛の糸に捕らわれたいた。

首なし事件の犯人はなんと奥さんの方だった!

下半身が蜘蛛で、上半身が奥さんの妖は摩緒の首をいただくと言って、菜花の首に糸を巻き付け、首をねじ切ろうとした。

その瞬間、菜花の目が妖怪の目に変わった。

MAO(高橋留美子)最新4話の感想

今回はサクサク読める内容でしたね。

首なし事件の犯人との激しいバトルは次回に持ち越しという感じでした。

 

首なし事件の真相が発覚しましたね!

なんと犯人は奥さんだったとは。。。

しかもすでに旦那さまは死んでいたいるとは予想外でした。

 

旦那様の正体もやはり猫鬼ではなかったですね。

蜘蛛の妖怪でしたし、次回は決着があっさりつくのではないでしょうか。

 

旦那さまの言う嫌いな臭いは単純に外の者のにおいだったようです。

陰陽師とか妖怪を嗅ぎ分けられる妖怪は物語の序盤には出てこないのでしょうね。

話が進んでいくうちにそういった能力が当たり前になると思います。

まとめ

今回は「MAO(高橋留美子)最新4話ネタバレとあらすじは子爵の正体とは?」と題して、MAO第4話のネタバレをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

首なし死体事件と猫鬼に繋がりは今のところありませんでした。

旦那さまが猫鬼ではないと言う予想は的中していましたが、まさか犯人が奥さんだとは。。。

第5話も楽しみになりました。マンガが気になる方は是非読んでみてください!

MAO(高橋留美子)最新3話ネタバレとあらすじは?首なし死体事件と猫鬼週刊少年サンデー23号で高橋留美子さんの新連載「MAO」が始まりましたね! 高橋留美子さんと言えば「うる星やつら」や「めぞん一刻」...