マンガ

MAO(高橋留美子)最新10話ネタバレとあらすじは?摩緒VS宗玄

週刊少年サンデー23号で高橋留美子さんの新連載「MAO」が始まりましたね!

高橋留美子さんと言えば「うる星やつら」や「めぞん一刻」、「犬夜叉」で有名ですよね。

 

今回の週刊少年サンデー33号では第10話となります。

第9話では鐘呼さまの予言で死んだ男の娘である依子に話を聞こうと摩緒が鐘臨教に行くが見つかってしまい、依子とともに逃げる。一方、菜花と乙弥は鐘臨教の屋敷を調べていたが地下の隠し部屋に閉じ込められてしまう。という内容でしたが、第10話ではどうなるのでしょうか。

そこで今回は「MAO(高橋留美子)最新10話ネタバレとあらすじは?摩緒VS宗玄」と題して、MAO第10話のネタバレを紹介します。

MAO(高橋留美子)最新10話ネタバレとあらすじは?

それでは早速MAO最新10話のネタバレとあらすじを紹介します。

ここからは第10話のネタバレが含まれますので、苦手な方や自分で読みたい方は注意してください!

依子を連れ出した摩緒は貂子のに来ていた。

貂子に摩緒は呪い殺された男…の娘、依子だと説明する。

その時依子は自分が父に飲ませた薬を思い出していた。

教団から渡された邪を祓い、呪いをはね返す薬を父のお酒に入れて飲ませたのに、父は救われなかったと絶望する。

摩緒はそんな依子をしばらくかくまってくれと貂子に頼んでどこかへ行く。

 

一方地下室に閉じ込められた菜花と乙弥はさらに地下へ続く扉を見つける。

開けてみると土があり、ないやら、いやな臭いがする。

乙弥が地下に降りて土を掘ると、そこにはなんと頭がい骨があった。

それを見て菜花は困惑し震え出す。

 

教団では宗玄が依子を連れ戻せ、実家を見張れと慌ただしく指示を出していた。

そこに鐘呼さまが声をかけてくる。

宗玄がご心配なくと告げると、依子はなにも教えてくれないのですねといい、過去に思いをはせる。

 

子供のころはもっと色々な事が視えていた。

失くした巾着のありか、酔っ払いの死に様、駆け落ちした娘の居場所。

最初は小さな占い所だった。でも年を取るにつれて視えなくなってきた。

それとは逆に信者が増え、教団は大きくなっていった。

今の私に見えているのはただひとつ…この世の終わり…

 

摩緒は鬼神を使って菜花と乙弥の居場所が納戸の地下であることを突き止める。

菜花がスコップを使って地下室を脱出すると目の前に摩緒が騒がしいなと現れる。

摩緒に菜花がこの教団はおかしいっ、人の骨が少なくとも3人分あると訴える。

さらに乙弥が呪法の写本を摩緒に渡す。摩緒はこんな形で世間に漏れていたのか…と言う。

 

そこに薙刀を手にした宗玄が現れる。

摩緒は写本をどこで手に入れたかと尋ねる。

宗玄は若かりし頃密教の修行を積んだ者だと言う。

それで?これを授かったとでも…?と摩緒が言うと、宗玄の後ろから鐘呼さまが盗んだのでしょう、あなたはそういう人だと言う。

 

摩緒は鐘呼さまの前に立った宗玄の薙刀を斬り、鐘呼さまに猫鬼に会ったのか、人の寿命を自在に操るというがそれは…と尋ねる。

すると鐘呼さまは私にそのような力はないと言う。

宗玄は予言通り依子の父は死んだではありませんか。と言う。

しかし、鐘呼さまはそれは宗玄どのあなたが…呪ったから…と答える。

その言葉に驚く菜花。乙弥は写本で呪法を学んだんでしょうねと言う。

摩緒に鐘呼さまの予言とやらを実現するためにか…と言われ、宗玄はその言葉を肯定する。

鐘呼さまにもうおやめなさいと言われるが、この者たちを放っておく訳にはいきませんと言い、菜花たちに呪い殺してくれるわ!と言う。

すると摩緒はふっ…と笑い、あなたは本物の呪いの怖さを知らないようだね…と言う。

MAO(高橋留美子)最新10話の感想

依子を避難させ、摩緒と鐘呼、宗玄が対峙しましたね。

話の流れ的には完全に宗玄が呪いではなく他の何かで依子の父を殺したようですね。

おそらく呪いを祓うためと言って依子がお酒に混ぜた薬で殺したんだと思います。

 

鐘呼さまはあっさり自分に人の寿命を自在に操る能力がないことを認めましたね。

もう少し粘らないの…?とも思いましたが、教団のやり方に疑問を持っていたようなので仕方ないですね。

気になるのがこの世の終わりが見えると言うこと。

一体どんな事が視えているのか、次回の11話が楽しみです。

まとめ

今回は「MAO(高橋留美子)最新10話ネタバレとあらすじは?摩緒VS宗玄」と題して、MAO第10話のネタバレをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

摩緒と宗玄の戦い(摩緒が一方的に攻撃しそうですが)が始まりますね。

鐘呼さまの言っていたこの世の終わりとはいったいどんな内容なんでしょうか。

今後の物語の展開が気になります。

マンガが気になる方は是非読んでみてください!