マンガ

MAO(高橋留美子)1話ネタバレとあらすじは?感想と評価や口コミは?

週刊少年サンデー23号で高橋留美子さんの新連載「MAO」が始まりましたね!

高橋留美子さんと言えば「うる星やつら」や「めぞん一刻」、「犬夜叉」で有名ですよね。

前作の「境界のRINNE」の連載は終わった2018年1月4日から約1年4カ月ぶりの新連載で、待っていた方も多いのではないでしょうか。

5月8日からスタートした新連載「MAO」の内容が気になる方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は「MAO(高橋留美子)1話ネタバレとあらすじは?感想と評価や口コミは?」と題して、MAOのネタバレを中心に紹介していきます。

MAO(高橋留美子)1話ネタバレとあらすじは?

それでは早速1話ネタバレとあらすじを紹介していきます。

中学三年生の菜花は、ある不思議な地で少年・摩緒と出会う…

そして動き出す二人の壮絶な運命とは…

圧倒的ヒットメーカーが紡ぐ怪奇浪漫ー!!

週刊少年サンデーの公式HPのあらすじはこのようになっていました。

主人公・黄葉菜花(きばなのか)と不思議な少年・摩緒の出会いがまず1話になります。

ここでは1話のネタバレが含まれますので、苦手な方や自分で読みたい方は注意してください!

~回想~

なんらかの事故により小学生の菜花は出血し、薄れる意識の中でおばけ(妖怪)の姿を見た。

~現在~

中学生である菜花は祖父の家から学校に通っている。

両親は亡くなっており、菜花自身も一度死んだことがあると言う。

朝、家政婦の魚住さんの作ってくれる地獄の泥沼みたいな味のスムージーを飲み登校するのが菜花の日課であった。

 

菜花は中学校の体育で50m走で16.8秒と見た目に反してかなり遅い残念な子である。

 

菜花の友人たちが教室で、五行町のシャッター街について話している。

友人の一人が、五行町のシャッター街は昔大事故があって何かが出るらしいと言う話をすると、他の友人から止められる。

そこは菜花と両親が事故にあった場所だった。

八年前、菜花が小学1年生の時、たまたまそこを通りかかって、陥没事故に巻き込まれた。

菜花は血だらけで息が止まった状態で車の外で発見されたのだった。

現在、道路は補修されて何事もなかったようになっている。

 

友人と五行町のシャッター街に行くいことになった菜花はそこで何かの音を聞く。

音のするシャッター街の奥へ歩いていくと、急に世界がゆがみ、見知らぬ場所を歩いていた。

その街には体のすけた人たちがいた。

 

怖くなった菜花が戻ろうとすると、怪我をした女の人が「あなた…人間よね…?」と言って近づいてきて、次の瞬間、女の人の中から巨大なカマキリが現れる。

追ってくるカマキリから菜花は走って逃げ、入口の門のところで透けていない人間・摩緒とお付きの少年を見つけ、助けを求める。

しかし、摩緒は「いや、譲ろう。」と良くわからないことを言う。

そうしているうちに菜花はカマキリに切りつけられ腕を怪我し、血が飛び散る。

飛び散った血はカマキリに当たり、そのまま体を溶かそうとした。

危険を感じたカマキリが逃げようとしたところ、摩緒が刀で倒す。

摩緒のお付きの少年がカマキリの死骸からカマキリの本体と思われる小さいカマキリを取っていく。

菜花は摩緒に最初から助けてくれないのかと抗議するが、自分の右手首から上がないことに気付き、意識を失う。

 

目が覚めたとき腕はくっついており、摩緒が治療してくれたことを知る。

摩緒になぜ戦わなかったのか、お前の方が格上だったと言われ、困惑する菜花。

さらに、摩緒に「おまえ妖だろう」と言われる。

菜花は変なことをいう人たちだと思い、その場から立ち去ろうとする。

しかし、摩緒はさらにこの街に何しに来たと聞く。

菜花は「こっちが聞きたいわっ。ついて来ないでっ。」と言った時、入口の門にたどり着き、突然摩緒の前から消える。

 

そして菜花はもとの商店街に戻っていた。

友人に私どうしてたと聞くと、振り向いたら泥だらけになっていたと言われる。

まるで夢のような出来事に困惑する菜花だった。

 

摩緒は菜花が入ってきた門を調べ、結界が貼ってあることに気付く。

お付きの少年が菜花を手当てするとき摩緒が飲ませた丸薬について問うと、解毒剤だと答える。

そして摩緒は菜花がなにかで力を封じられていたようだと言う。

 

次の日、毎朝の日課であるスムージーを飲んで学校に登校する。

遅刻しそうだと走ると、自転車で登校していた友人を抜かしてしまう。

菜花は勢い余って道路に飛び出してしまい、車にひかれそうになる。

車を避けようとジャンプすると、3階建てのアパートの屋上まで飛んでしまった。

菜花かは自分がどうしてしまったのかわからなくなっていた。

MAO(高橋留美子)1話感想と評価や口コミは?

MAOの感想と評価や口コミについて紹介します。

犬夜叉のように摩緒と呼ばれる少年が人間ではないストーリーなのかと思っていましたが、菜花のほうだったんですね。

展開はまだどうなるかわかりませんが、1話を読んだ限りではかなり面白くなりそうな感じがしました

あの世とこの世の行き来ができる妖である菜花の力を求めて妖たちが襲ってくるという展開になるのではないでしょうか。

続きが気になる1話でした。

 

ここからは評判と口コミを紹介します。

まだ連載直後と言うこともあり、感想などはあまりありませんでした。

評判や口コミの情報が入り次第更新していきます。

まとめ

今回は「MAO(高橋留美子)1話ネタバレとあらすじは?感想と評価や口コミは?」と題して、MAOのネタバレを中心にご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

菜花がまさかの妖?!と言う展開には驚かされました。

今後の展開が楽しみですね。

評判や口コミはまだ数が少なかったですが、面白いと言う意見が多かったです。

かなり気になるという方は是非漫画も読んでみてください!