スポーツ

高校駅伝2019ピンクの靴(シューズ)のメーカーは?値段や機能も!

2019年12月22日に全国高校駅伝が開催されましたね。

優勝校は男女とも「仙台育英」でした。素晴らしい走りを見せてくれましたよね。

さて、今大会ですが、選手の走りにも注目が集まりましたが、それ以外にも注目が集まりました。

それがピンクのシューズです。

さて、このピンクの靴ですが、かなり多くの選手が使っていました。一体どこのメーカーなのか気になりますよね。

そこで今回は「高校駅伝2019ピンクの靴(シューズ)のメーカーは?値段や機能も!」と題して、全国高校駅伝のピンクの靴(シューズ)について紹介します。

高校駅伝2019ピンクの靴(シューズ)のメーカーは?

さて、2019年12月22日に開催された全国高校駅伝で多くの選手が使っていたピンクの靴(シューズ)のメーカーはどこなのでしょうか。

ピンク色で結構派手な印象を受けますよね。配色のせいもあってか、同じもを履いているとすぐに分かってしまいます。

実際に高校駅伝を見ていて気になるという方が多くいらっしゃいました。

 

さて、話題のピンクの靴(シューズ)のメーカーですが、それはずばり「ナイキ」です。

シューズの名前は『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』ですね。

今回の高校駅伝だけでなく、箱根駅伝の予選会やマラソンの大会などでも注目を集めています。

今後も注目を集めそうなこのピンクの『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』ですが、どんな機能があるのでしょうか。

高校駅伝2019ピンクの靴(シューズ)の値段や機能は?

2019年12月22日に開催された全国高校駅伝で注目を集めたピンクの『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』ですが、その値段や機能はどうなのでしょうか。

値段

ピンクの『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』の値段を紹介します。

¥30,250

ということで、Amazonによると30,250円です。

一般人からすると少し高いのでは?と感じてしまいますよね(私もその一人です)。

ですが、ランニングシューズは値段だけで決まるものでありません。

はたして値段に合った機能なのでしょうか?

機能

『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』の特徴は厚底であることです。

厚底にすることによってクッション性を高め、足への負担を軽くしています。

靴自体の重量を軽くしているので、さらに足への負担が軽くなります。

それ以外にも推進力を高めるためにカーボンプレートを埋め込んだり、はっ水性にこだわったりしています。

長距離を走る為に必要な機能が搭載されたランニングシューズと考えて良さそうですね。

機能のまとめ

・厚底で足への負担を軽減

・軽量化で足への負担を軽減

・カーボンプレートによる推進力の向上

・はっ水性が高い

選手としてランニングシューズが必要な方や、マラソンに力を入れている方は間違いない靴だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回は「高校駅伝2019ピンクの靴(シューズ)のメーカーは?値段や機能も!」と題して、全国高校駅伝のピンクの靴(シューズ)について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

全国高校駅伝のピンクの靴(シューズ)の正体は「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」でした。

値段は30,250円で、それに見合った機能性を持っている靴です。

選手として駅伝やマラソン大会に参加する方にオススメのシューズですね。