マンガ

帰還者の魔法は特別です 第13話のネタバレとあらすじ!

漫画・小説を無料で読めるアプリ「ピッコマ」にて連載されている「帰還者の魔法は特別です」のあらすじとネタバレを紹介します。

人類が迎えた最悪の災害、影の迷宮に挑み最後まで生き残った6人のうちの1人である「デジール・アルマン」。

影の迷宮で最後のボスを倒したと思ったが、実は倒しておらず、世界は滅亡を迎えてしまう。

自分が死んだと思ったデジールだったが、目を開けると13年前の世界だった。

はたしてデジールは過去を変えて、世界を滅亡から救えるのか、と言うマンガです。

今回は帰還者の魔法は特別ですの第13話ネタバレとあらすじと感想について紹介します。

帰還者の魔法は特別です第13話のネタバレとあらすじ

さて、俺帰還者の魔法は特別ですの第13話のネタバレとあらすじを紹介します。

帰還者の魔法は特別です第12話の振り返り

まずは帰還者の魔法は特別ですの第12話のあらすじを紹介します。

プラム・シュナイザーと貴族の模擬戦が行われようとしていた。

デジールの記憶では細剣を使用していたが、模擬戦では大剣を選択した。

ほどなくして模擬戦が開始された。

模擬戦の序盤はプラムの優勢だったが、隙を突かれ貴族に負けてしまう。

模擬戦が終了すると突然貴族がプラムに殴りかかってきた。

帰還者の魔法は特別です第13話のあらすじとネタバレ

ここからは帰還者の魔法は特別です第13話のあらすじとネタバレを紹介します。

プラムを殴っていた貴族にデジールはやめろと言って止めに入る。

なんてことするんだよ!!と言うデジールに貴族はお仲間登場か?しゃしゃり出やがってと言う。

これは授業だろ!と言うデジールに、痛い目に遭いたくなけりゃ大人しくうせることだと言う。

しかし、デジールは今すぐそれを下ろせ!と言い、プラムに大丈夫か?と声を買える。

続けてデジールは何か履き違えているようだが一瞬でもベータのペースに持ってかれたのがそんなに悔しかったのか?と貴族に言う。

すると貴族はこれまでにない速度でプラムに木剣を振り下ろす。

 

剣が当たることは避けられないと目をつぶるプラムだったが、打撃は一向に訪れない。

目を開けるとデジールが右手でプラムを守っていた。

その右手からは血が流れており、木剣は折れていた。

貴族は俺の攻撃を食い止めただと?あの速度を?と困惑する。

デジールはふぅ…とため息をつき、勝負はもう終わっただろ、お前の勝ちだ、他に何が必要なんだ?と鋭い視線で睨みつける。

貴族はそれを見て、自分の師匠を思い出していた。

そして、あいつ…何者だ?と立ち去って行く。

 

自室でデジールの腕を治療し終えるとプラムはごめんなさいと謝ってくる。

さらに僕なんかのせいであなたは…アルファを敵に回してしまったじゃないですかと言う。

デジールは覚悟の上で駆け寄ったし…と答えるとプラムは感動する。

 

改めてデジール、ロマンティカ、プラムが自己紹介を済ませた。

分かれ際、プラムが改めてお礼を言い、僕にできることがあればいつでも言ってください!と言う。

そこでデジールは自分のパーティーに入らない?と尋ねる。

まだ実績はゼロだけどいずれ…と言いかけたが、プラムはそれを聞かずはい!と即答する。

帰還者の魔法は特別です第13話の感想

ついにパーティー3人目が現れましたね。助けてもらったからと言って即加入とはすごいですね。

プラムは見た限りではあまり強そうではないですね。

大剣を得意としているようですが、デジールの記憶と違っていますね。

過去は全くその通りではないと言うことなのか、当時のプラムは大剣の方がかっこいいと思っているだけなのか、真相は来週あたりに分かるんではないでしょうか。

次回の第14話はどんな展開になるのか楽しみですね。

まとめ

「帰還者の魔法は特別です」第13話のネタバレと感想をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ついに3人目のパーティーが加わりパーティー設立ですね。

プラムを仲間に加え、どんな展開になるのでしょうか。

次回の14話もお楽しみに!