映画

ジョーカー(映画)の上映期間はいつまで?興行収入や観客動員数は?

「ジョーカー」が2019年10月4日に公開になりましたね!

この映画はバットマンシリーズに登場する最強の悪役であるジョーカーが誕生するまでを描いた作品です。

第76回ヴェネツィア国際映画祭で最優秀作品賞にあたる金獅子賞を受賞しました。

R15+指定があり、かなりシリアスな展開となっているようで観る方は覚悟した方がいい作品と噂されています。

 

さて、そんな映画「ジョーカー」の上映期間はどのくらいなのでしょうか。

さらに、どのくらいの興行収入と観客動員数になるのか気になるところです。

今回は「ジョーカー(映画)の上映期間はいつまで?興行収入や観客動員数は?」と題して、ジョーカーの上映期間や興行収入などを紹介します。

ジョーカーのあらすじ

まず、ジョーカーのあらすじを紹介します。

本当の悪は、人間の笑顔の中にある。

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。

都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーにひそかな好意を抱いている。

笑いのある人生は素晴らしいと信じ、どん底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気あふれる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?

切なくも衝撃の事実が明かされる!

かなりシリアスな展開となっているようですね。

子供に見せても面白くない作品という評価をされているようですが、だからこそ大人は楽しめる作品なのではないでしょうか。

Twitterをリサーチしたところ、良かったと言う感想が多く見られました。

中には重かった、エログロ無しでR15+指定の意味がわかったなどの意見もありました。

ジョーカーの興行収入と観客動員数は?

さて、ジョーカーの興行収入と観客動員数を紹介します。

現在のところ、興行収入と観客動員数に関する情報はありません。

興行収入:

観客動員数:

 

なので、今回はバットマンシリーズから興行収入を予想したいと思います。

バットマンシリーズの興行収入はこのようになっています。

・バットマン ビギンズ 興行収入:14憶円

・ダークナイト 興行収入:16億円

・ダークナイト ライジング 興行収入:20憶円

・バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 興行収入:19憶円

と言うことで、いずれも大ヒットしましたね。

4つ作品の興行収入の平均を計算すると約17億円です。

なので、ジョーカーの最終的な興行収入は17億円前後になると予想します。

ただ、公開前からかなり話題になっていた作品でもあるので、実際にはもう少し興行収入が多くなる可能性がありますね。

ジョーカーの上映はいつまで?

ジョーカーの上映はいつまでなのでしょうか。

一般的に上映期間は1カ月となっています。

ただ、人気が高い場合にはこの期間にプラスされていきます。

ジョーカーも興行収入の予想は17億円前後なのでこれに該当する可能性は高いと思います。

なので、ジョーカーの上映は11月22日までになると予想します。

一般的な映画の上映期間が1カ月だと考えるとそれよりも長くなるのではないかと思います。

観に行く予定がないと言う方も1カ月半近く公開しているので、気が向いたら行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は「ジョーカー(映画)の上映期間はいつまで?興行収入や観客動員数は?」と題して、ジョーカーの上映期間や興行収入などをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ジョーカーの興行収入は17億円前後と予想しました。

上映期間は11月22日までと一般的な映画より長くになると考えます。

10月4日から公開が始まったジョーカーに是非足を運んではいかがでしょうか。