Vtuber

星街すいせいの中の人や前世がやかんはネタ!顔バレや中身バレは?

2020年1月に豊洲PITにて初のグループ全体の音楽ライブを行った、今一番勢いのあるVtuberグループ、ホロライブ。

今回はその中でもちょっと異色の参入を果たした、「彗星の如く現れたスターの原石!」である、星街すいせいをご紹介いたします。

星街すいせいとはどんなひと?イラストレーターは誰?

星街すいせいのプロフィールをまとめてみました!

名前:星街すいせい(ほしまちすいせい)

誕生日:3月22日

好きな食べ物:からいもの、すっぱいもの、しょっぱいもの、焼肉、魚の目玉

ファンの名称:星詠み(ほしよみ)

一般タグ:星街すいせい

ファンアートタグほしまちぎゃらりー

生放送タグほしまちすたじお

ファントークタグ星詠み

歌ってみた投稿タグほしまちうたった

ボイス感想タグほしまちりっすん

人物(設定):「彗星の如く現れたスターの原石!アイドルVTuberの星街すいせいです!」

歌とアイドルをこよなく愛する永遠の18歳のアイドルVTuber。

いつか武道館でライブをすることを夢見て活動している。

(※公式紹介文より引用)

星街すいせいとは、現在最も勢いがあるVtuberグループ、ホロライブに所属しているVtuberです。しかし、デビュー当時は後述の通り、ホロライブには所属していませんでした。

星街すいせいの誕生は2018年3月18日、自身のYoutubeチャンネルを解説したところから始まります。同22日にYoutubeに動画投稿を行いました。この際の所属は無し。つまり、個人勢でした。

しばらくの間個人勢として活動していた星街すいせいですが、活動が約1年程経った2019年5月19日、ホロライブ内、音楽特化レーベル「イノナカミュージック」に所属することを発表しました。そして、同年12月1日には、現在の所属となる「ホロライブ」への転籍となりました。

Vtuberが所属を変更する際には外見や名前、設定ごと変更する、いわゆる「転生」が多いのですが、星街すいせいはこのように所属が変わっても同じVtuberを続けるという、Vtuber界隈でも珍しい存在です。しかし、このことは自身の姿に愛着があるということで、何かあっても簡単にはやめないと推察されるため、ファンにとっては喜ばしいことですね。

 

そんな星街すいせいですが、彼女の配信で特筆すべきはまず歌配信です。個人勢時代から歌配信には定評があり、彼女の歌に魅了されたファンは数多く存在します。おすすめの歌動画については、このあと別途紹介します。

 

また、星街すいせいといえば歌以外にテトリス配信にも定評があります。星街すいせいが好んで行う、テトリスで対戦を行うテトリス99配信はしばしば、ファンの間で「世界戦」とも揶揄されます。これは、彼女の配信内にしばしばテトリスの世界1位や2位などの世界ランカーが参加することに由来しています。世界ランカー相手にも一歩も引かずに戦うことができる星街すいせいのテトリスの腕は、既に世界ランカー級と言えそうですね。星街すいせいのお勧めテトリス動画についても、このあと別途紹介します。

 

そんな星街すいせいのママ(イラストレーター)ですが、なんとこちらは二人います。

一人は驚きの星街すいせい本人です! 個人勢だったという経歴も有り、星街すいせいのイラストは自身で書いていたという発言が、以下の配信でされています。

絵が本業のイラストレーター出身Vtuberの中には、Vtuberイラストを自身で作成する方もいらっしゃいますが、絵が本業ではないVtuberが自分のイラストを描くことは極めて稀なことです。歌にイラストに動画作成、そして配信業とすいちゃんの多彩さは留まることを知りませんね。

 

二人目のママは手島nari(@_17meisai23)氏です。

2019年12月1日に星街すいせいがホロライブに所属したタイミングでデザインを担当したことが公開されました。

 

多彩なすいちゃんですが、毎日のように配信を行うホロライブではすべてのことを自分だけで賄うのは難しいと判断したのかもしれませんね。

手島nari氏はガガガブックスにて「死に戻り、全てを救うために最強へと至る」という小説のイラストを担当されている他、ヴィレッジヴァンガードにて大人気声優の上坂すみれグッズのデザインを担当されたことがあるなど、実力派のイラストレーターです。手島nari氏は既存イラストの後任担当という難しい立場でしたが、見事に違和感なくファンに受け入れられたことから、実力の高さが伺えます。今後も手島nariによるかわいいすいちゃんの姿がたくさんみられることでしょう。

星街すいせいの中の人(前世)は特定された!?

ここからは星街すいせいの中の人(前世)について紹介します。

星街すいせいの中の人ですが、残念ながら特定はされていません。

ファンの間で「やかん」という話が持ち上がっていますが、こちらは星街すいせいの口笛がやかんに似ていることから、前世はやかんである、というネタでした。

同居している姉が配信に参加する等、前世を特定しやすい情報があるにも関わらず、前世の特定ができないこと、Vtuber文化が始まってから比較的早い時期に企業ではなく、個人勢としてVtuberデビューしたことなどから、前世という前世はないのかもしれませんね。

星街すいせいのおすすめ動画を紹介!

ここからは星街すいせいのおすすめ動画を紹介します。

天球、彗星は夜を跨いで / 星街すいせい

星街すいせいといえば歌に定評がありますね。今回はその中でも人気随一の動画を紹介します。

この動画は星街すいせいの一周年記念、2ndオリジナルソングです。彼女のチャンネルの中は随一の再生数を誇り、星街すいせい自身の思い入れも強いためか、2020年初頭の豊洲PITのライブでも、初3Dモデルのお披露目にこちらの曲を使用していました。

【テトリス99】1VS98!?リベンジマッチ!【ホロライブ/星街すいせい】

星街すいせいのもう一つの特色と言えば、テトリス配信ですね。こちらは前述の「世界戦」と言われる所以を紹介します。

こちらは星街すいせい1人対リスナー99人という企画の動画です。動画の37:00頃から、42:20頃までずっと1人のリスナーと対戦していましたが、なんとこのリスナーが世界2位(世界3位という説もあり)のロイ氏でした。しかも、世界1位のあめみやたいよう氏がコメントを残しており、世界ランカーが集まる配信となってしまいました。世界ランカー相手でも善戦しているすいちゃんは本当にすごいですね!

まとめ

星街すいせいのプロフィールや中の人(前世)を紹介しました。星街すいせいの前世は「やかん」というのはネタでした。中の人の正体は未知数ですが、その魅力は今後も広がっていくことでしょう。

今回、歌とテトリスの紹介にとどまりましたが、星街すいせいの魅力は他にもたくさんあります。ホロライブの他メンバーとのコラボ配信もとても楽しい配信がたくさんあります。

星街すいせいの人気はうなぎ登りであり、今まさに、スターの原石からスターへと移り変わっているのかもしれませんね。

絶妙で微妙なこのタイミングをリアルタイムで追うことはVtuberを追うことの醍醐味かもしれません。そんな醍醐味を味わいたいなら、ぜひとも星街すいせいを推しましょう!