スポーツ

箱根駅伝2020ピンクシューズ(靴)のメーカーは?値段や機能も!

2020年1月2日と3日に毎年恒例の箱根駅伝が開催されていますね!

今年も新年から熱い戦いに目がはなせないという方が多いのではないでしょうか。

さて、今大会ですが、選手の走りや結果に注目が集まるのは間違いないですが、それ以外にも注目を集めているものがあります。

それがピンクシューズです。多くの選手が使用していますよね。

さて、このピンクの靴ですが、かなり多くの選手が使っていました。一体どこのメーカーなのか気になりますよね。

そこで今回は「箱根駅伝2020ピンクシューズ(靴)のメーカーは?値段や機能も!」と題して、箱根駅伝2020のピンクシューズ(靴)について紹介します。

箱根駅伝2020ピンクのシューズのメーカーは?

さて、2020年1月2日と3日に開催された箱根駅伝で多くの選手が使っていたピンクシューズのメーカーはどこなのでしょうか。

ピンク色で結構派手な印象を受けますよね。配色のせいもあってか、同じもを履いているとすぐに分かってしまいます。

実際に箱根駅伝を見ていて気になるという方が多くいらっしゃいました。

ピンクシューズが多いと言う声やもしかしてあれか?と言う声が多かったですね。

既に知っていると言う方もいらっしゃいました!

 

ということで、ピンクシューズのメーカーですが、それはずばり「ナイキ」です。

シューズの名前は『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』ですね。

 

今回の箱根駅伝だけでなく、箱根駅伝の予選会やニューイヤー駅伝の大会などでも注目を集めています。

2019年の駅伝で見ないことはないと言うほど使われています。

 

色はピンクの他にオレンジとグリーンの左右色違いもあります。

 

今後も注目を集めそうなこのピンクの『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』ですが、どんな機能があるのでしょうか。

箱根駅伝2020ピンクシューズの値段や機能は?

2020年1月2日と3日に開催された箱根駅伝で注目を集めたピンクシューズの『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』ですが、その値段や機能はどうなのでしょうか。

値段

ピンクシューズの『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』の値段を紹介します。

¥30,250

ということで、ナイキ公式HPによると30,250円です。

 

Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングで調べたところ、Amazonが最安の38,300円でした!

【Amazon】ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%

一般人からすると少し高いのでは?と感じてしまいますよね(私もその一人です)。

ですが、ランニングシューズは値段だけで決まるものでありません。

はたして値段に合った機能や性能なのでしょうか?

機能や性能

『ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%』の特徴は厚底であることです。

厚底にすることによってクッション性を高め、足への負担を軽くしています。

靴自体の重量を軽くしているので、さらに足への負担が軽くなります。

それ以外にも推進力を高めるためにカーボンプレートを埋め込んだり、はっ水性にこだわったりしています。

長距離を走る為に必要な機能が搭載されたランニングシューズと考えて良さそうですね。

機能のまとめ

・厚底で足への負担を軽減

・軽量化で足への負担を軽減

・カーボンプレートによる推進力の向上

・はっ水性が高い

これらの機能が備わっているので、実際に新記録が続々と打ち立てられています。

選手としてランニングシューズが必要な方や、マラソンに力を入れている方は間違いない靴だと言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回は「箱根駅伝2020ピンクシューズ(靴)のメーカーは?値段や機能も!」と題して、箱根駅伝2020のピンクシューズ(靴)について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

箱根駅伝のピンクシューズの正体は「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」でした。

値段はナイキ公式HPで30,250円、Amazonで38,300円で、それに見合った機能性を持っている靴です。

選手として駅伝やマラソン大会に参加する方にオススメのシューズですね。