人物

ゴンサロ・クエジョ(Gonzalo Cuello)の経歴や年齢は?

2020年1月28日の女性自身で米倉涼子さんに新恋人がいあることが報道されましてね。

お相手はジョニー・デップ似のアルゼンチン人ダンサーであるゴンサロ・クエジョ(ゴンサロ・クエッショ)さんのようですね。

ということで今回は「ゴンサロ・クエジョ(Gonzalo Cuello)の経歴や年齢は?」と題して、ゴンサロ・クエジョ(ゴンサロ・クエッショ)さんについて紹介します。

ゴンサロ・クエジョ(Gonzalo Cuello)の年齢は?

それでは早速、ゴンサロ・クエジョ(ゴンサロ・クエッショ)さんの年齢などのプロフィールを紹介します。

名前:ゴンサロ・クエジョ(Gonzalo Cuello)

生年月日:-

出身地:アルゼンチン ブエノスアイレス

職業:講師、ダンサー、振付師

所属:Efecto Tango Studio(エフェクトタンゴスタジオ)

ということで、現在分かっているプロフィールを紹介しました。

出身はアルゼンチン ブエノスアイレスですね。

ブエノスアイレスはアルゼンチンの首都なので、ゴンサロ・クエジョ(ゴンサロ・クエッショ)さんは都会人であると言ってよさそうです。

 

気になる年齢ですが、こちらはリサーチの結果見つかりませんでした。

なので、似ていると噂されているジョニー・デップの写真と見比べてみました。

すると、ゴンサロ・クエジョ(ゴンサロ・クエッショ)さんの方が若く見えますね。

ジョニーデップは現在、56歳なので、それより若い40代後半ではないでしょうか。

米倉さんと同じ年もしくは少し上である可能性が高いですね。

 

職業は講師、ダンサー、振付師です。

ダンス教室で講師をしたり、ダンサーとして世界大会に出場したりしていますね。

他にも2015年9月に放映されたCM「EDWINE standard」の振付けも担当しています。

動画はこちら

ゴンサロ・クエジョ(Gonzalo Cuello)の経歴は?

さて、ゴンサロ・クエジョ(ゴンサロ・クエッショ)さんの経歴を紹介します。

2005年にタンゴ講師として日本にやってきました。

現在が40代であるとすると30歳前後に日本に来ている訳ですね。

来日した翌年、タンゴダンス世界選手権で3位になっています。

世界選手権3位ということはかなりの実力者であることがわかりますね。

 

来日以降は日本とアルゼンチンを行き来しながら、講師として活動しています。

日本では基礎から上級まで多くのクラスで指導しており、高い評価をもらっていると言うことでした。

アルゼンチンでは、タンゴ界で絶大な人気を誇るミゲル アンヘル ソットが率いているタンゴ ポルドスのメンバーにもなっています。

まとめ

今回は「ゴンサロ・クエジョ(Gonzalo Cuello)の経歴や年齢は?」と題して、ゴンサロ・クエジョ(ゴンサロ・クエッショ)さんについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ゴンサロ・クエジョ(ゴンサロ・クエッショ)の年齢は分かりませんでしたが、ジョニー・デップよりも若く見えるので40代と言う感じではないでしょうか。

2005年にタンゴ講師として日本にやってきました。

2006年にはタンゴダンス世界選手権で3位にもなっていある実力者ですね。

そして、2020年は米倉涼子さんの新恋人と言うわけですね。