アニメ

ドラクエ(映画)の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?

2019年8月2日に映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」が公開されましたね!

ドラゴンクエストシリーズとしては初の3DCGアニメ映画であり、ドラゴンクエストV 天空の花嫁をベースとしたストーリーとなっています。

ドラゴンクエストファンにとっては是非観ておきたい作品ではないでしょうか。

 

さて、今回の「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」ではどのくらいの興行収入と観客動員数になるのか気になるところです。

そこで今回は「ドラクエ(映画)の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?」と題して、ドラゴンクエスト ユア・ストーリーの興行収入などを紹介します。

ドラクエ(映画)のあらすじは?

それではまず、ドラゴンクエスト ユア・ストーリーのあらすじを紹介します。

少年リュカは父パパスと旅を続けていた。

その目的は、ゲマ率いる魔物たちに連れ去られた母を取り戻すこと。

旅の道中、遂にゲマと遭遇し、魔物たちと激しい戦いを繰り広げるパパス。

しかし一瞬のスキをつかれ、リュカが人質にとられてしまい、手出しができなくなったパパスは、リュカの目の前で無念の死を遂げる――

 

それから10年。

故郷に戻ったリュカは「天空のつるぎと勇者を探し出せば、母を救うことができる」というパパスの日記を発見する。

父の遺志を受け継ぎ、リュカは再び冒険の旅にでることに。

立ちはだかるいくつもの試練、そしてビアンカとフローラ、2人の女性をめぐる究極の選択。

果たして冒険の先に待ち受けるものとは!?

と言うことで、かなり壮大なスケールの映画になっていそうですね。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁では結婚相手が誰かで議論が尽きないですが、ユア・ストーリーではどう描かれているかも注目です。

ドラクエファンの方だけでなく、色々な方が見て面白い内容になっていると思います。

気になる方は是非劇場に足を運んでみて下さい!

ドラクエ(映画)の興行収入と観客動員数は?

さて、ドラゴンクエスト ユア・ストーリーの興行収入と観客動員数を紹介します。

現在、興行収入と観客動員数についての情報はありません

興行収入:-

観客動員数:-

 

なので、今回は最終的な興行収入がどのくらいになるのかを過去に東宝が配給したアニメ映画から予想したいと思います。

過去に東宝が配給したアニメ映画の興行収入はこのようになっています。

・ペンギン・ハイウェイ 興行収入:5.4憶円

・未来のミライ 興行収入:28.8億円

・劇場版ポケットモンスター みんなの物語 興行収入:30.9憶円

・僕のヒーローアカデミア THE MOVIE 〜2人の英雄〜 興行収入:17.2憶円

と言うことで、2018年夏に公開された映画をピックアップしてみました。

アニメ映画の興行収入の平均は20.6億円です。

なので、ドラゴンクエスト ユア・ストーリーの最終的な興行収入は20億円前後になると予想します。

ドラゴンクエストのブランド力を考えると妥当な数字ではないでしょうか。

ドラクエ(映画)の上映はいつまで?

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーの上映はいつまでなのでしょうか。

一般的に上映期間は1カ月となっています。

ただ、人気が高い場合にはこの期間にプラスされていきます。

今作のドラゴンクエスト ユア・ストーリーもこれに該当すると思います。

これを考えると、ドラゴンクエスト ユア・ストーリーの上映は2019年9月13日までになると予想します。

観に行く予定がないと言う方も1カ月半近く公開していると思うので評判を聞いてから観に行っても大丈夫だと思います。

まとめ

今回は「ドラクエ(映画)の興行収入や観客動員数は?上映期間はいつまで?」と題して、ドラゴンクエスト ユア・ストーリーの興行収入などを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ドラクエ(映画)の最終的な興行収入は20億円前後になるのではないでしょうか。

上映期間は2020年9月13日までになると思います。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリーは8月2日から公開が始まっていますので、是非足を運んではいかがでしょうか。