ドラマ

同期のサクラ(ドラマ)の第1話のあらすじネタバレ!

2019年10月9日から「同期のサクラ」の放送が始まりますね。

「同期のサクラ」は日田の小さな離党出身の主人公サクラが故郷と本土を結ぶ橋を架けることを夢見て大手ゼネコンでわき目も振らず突き進む、その10年間の記録という内容のドラマです。

今回は「同期のサクラ(ドラマ)の第1話のあらすじネタバレ!」と題して、同期のサクラの第1話のあらすじネタバレを紹介します。

同期のサクラ(ドラマ)の第1話のあらすじ

同期のサクラ(ドラマ)の公式HPに記載されている第1話のあらすじを紹介します。

こちらはネタバレが含まれていないものになります。

病院のベッドに横たわり、意識の戻らないまま人工呼吸器につながれた女性・北野桜(高畑充希)。知らせを受け彼女の元に駆けつけたのは、携帯にたった4人だけ連絡先が登録されていた会社の同期、百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)だった。
4人の思いは皆一緒だった「サクラのいない世界に生きていてもしょうがない・・・」

その10年前の2009年、春―。大手ゼネコン・花村建設の新入社員となったサクラは入社式に急いでいた。通行の邪魔をする若者にも忖度しない。「皆さんの迷惑になるので道を開けてください」珍しい建物を見つけると、時間を忘れて、写真を撮る。ギリギリ間に合った入社式でも、社長(西岡德馬)のスピーチに「話が長いと思いました」など立場をわきまえない発言をして周囲を唖然とさせる。人事部長・黒川(椎名桔平)のフォローで空気が和らぐものの、サクラの超マイペースな性格は、同期の皆に強烈な印象を残す。

式の後、3週間の新人研修の最終課題として配属先の決定に影響する「日本の未来に残したい建造物の模型作り」が発表され、サクラは班のリーダーに選ばれる。同じ班になったのは、クールながら場の空気を読む百合、社長を目指す野心家の葵、応援部出身でアツい菊夫、そしてネガティブ思考の蓮太郎。4人を親睦会に誘ったサクラは志望部署を尋ねられ、故郷の離島に橋を架ける仕事に関わるため、どうしても“土木部”に入りたいのだと自分の夢を語る。「花村建設で初めて出会った仲間なので」と5人で記念写真を撮るとさっさと帰ってしまうサクラ。表情はわかりにくいが熱いような、とらえどころのないマイペースなサクラの性格に4人は戸惑う。

その夜。サクラは故郷の美咲島に住む祖父・柊作(津嘉山正種)に宛てた手紙をFAXしていた。その心の中は出会ったばかりの仲間とこれから始まる仕事に胸が高鳴っている様子で……。
翌日から、サクラたちは人事課の火野すみれ(相武紗季)の指導の下、ビジネスマナーや現場研修など厳しい新人研修を受ける。皆がクタクタになる中、サクラは空気を読まず最終課題の模型作りの打ち合わせをしようと持ちかける。しかし、課題に向けた皆の意見はバラバラ。サクラはあるアイデアを出すが……。 夢のためには、決して自分の信念を曲げないサクラの言動は、「組織」を重んじる会社の中で、ウキまくる。しかし、歩みの遅い亀が、必死に東京のスピードについていこうとするようなその姿は、同期たちの心を変えていく・・・。そんなサクラと同期たちの10年間が始まる。

同期のサクラ公式HP ストーリー #01より引用

同期のサクラ(ドラマ)の第1話のネタバレあらすじ

さて、それでは同期のサクラの第1話のネタバレあらすじを紹介します。

公式HPのあらすじの続きから紹介したいと思います。

こちらはネタバレが含まれていますので、苦手な方は避けてください。

サクラはうちの故郷にかける橋にしませんかといい、デザイン画を見せる。

しかし、サクラは絵はあまりにも下手くそだった。

同期の土井蓮太郎にアイディアを絵にしてもらうが、そこで次々と注文を付けていくサクラ。

模型作りでも、色がない、島と本土にかける橋だからしまがないとダメだ、人と車がないなどの注文を付けていく。

 

発表会の前日、木島葵がサクラに将来について尋ねるとサクラはこの橋がかかったらどんなに素敵だろうと思いましたと言う。

月村百合がサクラになぜ橋をかけたいのかと聞く。

すると両親が死なずにすんだかもしれないからという。

サクラが幼いころ、母の病気を治す為に台風の時に無理やり父が船を出し、そのまま死んでしまったと言う。

そして、サクラを育てたのはじいちゃんで、生きているうちに橋をかけたいと語る。

 

ようやく模型の橋が完成し、同期で飲みに行こうとする。

しかし、そこでサクラは橋の耐荷重が足りないことに気付く。

同期が止めようとするのも聞かず、仲間で力を合わせれば大丈夫と言い、作りなおそうとするサクラだったが、それに月村が激怒する。

あんたに付き合ってきたが、今までどれだけ迷惑してるか分かってる?私たちはあんたのこと仲間だと思ってないからと言う。

他の同期も月村に同意する。

それを聞き、サクラは模型作りを諦め、少し落ち込んだ様子で家に帰る。

 

日課であるじいちゃんへの1日の報告ファックスを送り、寝ようとするサクラだったが、そのときじいちゃんからのファックスが送られてくる。

「サクラが好きだ」、「だってお前には」、「自分にしかできないことがある」、それを見て何かを決意するサクラ。

 

次の日、模型の審査会にサクラは来ていなかった。

人事部長と社長がサクラ達の模型を見て、耐荷重の方は大丈夫かな?と言う。

サクラの同期が焦っている中、人事部長が橋に手をかけようとするが、そこに荷重対策をした新しい橋を持ってサクラが現れる。

その新しい橋でサクラ達は審査会をなんとか乗り越えた。

 

結局、社長賞に輝いたのはF班(サクラ達と違う班)だった。

その結果に疑問を持ったサクラが意見すると、人事部長は自分が賞を取れなかったから指摘してるんじゃないのかと言う。

だが、サクラは、自分は自分の班とは違うA班の保育園がいいと言いだす。

人事部長はそれは個人の意見かと聞き、会社に異を唱える者の本採用を取り消すこともできると言う。

当然同期はダンマリを決め込み、サクラは自分の意見だと答える。

 

次の日、サクラ達の配属発表があった。

配属はなんと人事部だった。

発表の後、同期がサクラに声をかけると、「諸君、明日はもっと良いものを作ろう」と言いだす。

それはサクラが大好きな言葉だった。

同期に落ち込んでるんじゃないのかと言われるサクラ。

すると、突然、私には夢があります、故郷の島に橋を架けることです」、私には夢があります、一生信じ合える仲間を作ることです」、私には夢があります、その仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ることです」と言う。

それだけは諦められないので、自分にしかできないことをやると言って帰宅する。

同期のサクラ(ドラマ)の第1話の感想

同期のサクラの第1話の感想をまとめてみました。

おもしろかったという感想が多かったですね。

次回も見たいと言う方も多く、人気作品になるのではないでしょうか。

個人的にも面白いと感じました。今後のストーリー展開が気になりますね。

まとめ

今回は「同期のサクラ(ドラマ)の第1話のあらすじネタバレ!」と題して、同期のサクラ(ドラマ)の第1話のあらすじネタバレをご紹介しましたがいかがでしたか。

いよいよ同期のサクラが始まりましたね。

忖度しない主人公のサクラが今後どんな問題(?)を起こし、周りの人たちを変えていくのか楽しみです。

次回の第2話も楽しみです。