スポーツ

コリ・ガウフのコーチは父親?母親(両親)などの家族構成も紹介!

今テニス界で天才少女として話題となっているコリ・ガウフさん。

2020年の全米オープンでは世界ランク3位の大坂なおみさんをストレートで下していますよね。

さて、そんな天才少女であるコリ・ガウフさんですが、コーチが父親であると言う話を耳にしました。

そこで今回は「コリ・ガウフのコーチは父親?母親(両親)などの家族構成も紹介!」と題して、天才少女であるコリ・ガウフさんのコーチを紹介します。

コリ・ガウフのコーチは父親?

さて、早速天才少女であるコリ・ガウフさんのコーチを紹介します。

現在、コリ・ガウフさんのコーチを務めているのは父親であるコーリー・ガウフさんです。

コーチ陣には元男子プロのジャン=クリストフ・フォーレルさんも加わっています。

写真では右から2番目がコーリー・ガウフさんで、一番左がジャン=クリストフ・フォーレルさんです。

コリ・ガウフさんがテニスを始めたのは6歳頃で、7歳の時にニュージェネレーション・テニスアカデミーでジェラルド・ログロさんに師事しています。

その後、11歳の時にセリーナ・ウィリアムズさんのコーチでもあるパトリック・ムラトグルーさんの目にとまり、フランスでトレーニングをしています。

 

ということで、現在のコーチは父親であるコーリー・ガウフさんと元男子プロのジャン=クリストフ・フォーレルさんと言うことになりますね。

それ以前にはパトリック・ムラトグルーさんの元でトレーニングをしており、そこで「トップ選手になれる」と太鼓判を押されました。

世界ランク3位である大坂なおみさんに勝利する実力が既に備わっていると考えると、将来トップ選手になるといわれても納得できますよね。

コリ・ガウフの家族構成は?

ということで、コリ・ガウフさんの家族構成を紹介します。

先ほどコーチとして紹介したのが父親のコーリー・ガウフさんです。

ジョージア大学でバスケットボール選手として活躍していました。

現在はヘッドコーチとして活動をしています。

 

母親はキャンディ・ガウフさんです。

フロリダ大学で陸上選手として活動していました。

それ以前には体操選手としても活躍していたそうです。

ウィンブルドンでコリさんが16強入りしたとき、キャンディさんが身体全体で喜びを表現していました。

そんな無邪気に喜ぶ様子が親子でそっくりだったのも印象的です。

親子の絆が深いというのがわかりますよね。

 

両親はスポーツ万能だったようですね。

その遺伝子を受け継いでいるコリ・ガウフさんもまたスポーツの才能を秘めていたと言うことなんですね。

まとめ

今回は「コリ・ガウフのコーチは父親?母親(両親)などの家族構成も紹介!」と題して、天才少女であるコリ・ガウフさんのコーチをご紹介しきましたが、いかがでしたでしょうか。

コーチはこちらのふたりです。

・コーリー・ガウフ

・ジャン=クリストフ・フォーレル

コーリーさんはコリさんの父親で、ジャンさんは元男子プロですね。

コリさんの母親はキャンディ・ガウフさん。

コリさんの両親はスポーツが得意だったようですね。

その遺伝子を受け継いでいるコリさんがテニスでその才能を開花させています。