テレビ

アメトーク年末SP2019の視聴率は?瞬間最高の時間やシーンも!

2019年12月30日にアメトーーーーーーーーーーク年末5時間SPが放送されますね。

毎年恒例となっているこの番組ですが、今年の内容は「運動神経悪い芸人」と「さんまvsお笑い第七世代」、「年末大売り出し!家電芸人」、「アメトーーク大賞」の4本立てです。

それぞれ人気の高いテーマですよね。一体どんな内容になるのか楽しみです。

注目度の高い番組だと思いますが、視聴率はどうなっているのでしょうか。

気にある方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は「アメトーク年末SP2019の視聴率は?瞬間最高の時間やシーンも!」と題して、アメトーーーーーーーーーーク年末5時間SPの視聴率について紹介します。

アメトーク年末SP2019の過去の視聴率は?

まずはアメトーーーーーーーーーーク年末5時間SPの歴代視聴率についてを紹介していきます。

2015年から2018年の4年間について内容と視聴率を見ていきましょう。

【2015年】
視聴率:15.8%
内容:ザキヤマ&フジモンの パクリたい-1グランプリ、出川と狩野、運動神経悪い芸人、アメトーーク大賞

【2016年】
視聴率:13.5%
内容:ザキヤマ&フジモンの パクリたい-1グランプリ、出川と狩野、運動神経悪い芸人、アメトーーク大賞

【2017年】
視聴率:13.4%
内容:運動神経悪い芸人、家電芸人、マセキ3兄弟、アメトーーク大賞

【2018年】
視聴率:11.7%
内容:運動神経悪い芸人、iPhoneついていけない芸人、マセキ3兄弟、アメトーーク大賞

2015年から毎年アメトーク年末SPでは運動神経悪い芸人をやっています。

調べてみたところ、運動神経悪い芸人は2013年の年末SPからはじまり、今年で7年目になるんですね。

すっかり年末の特番として定着し、12月30日には必ず見ると言う方が多いのではないでしょうか。

視聴率は年々少しずつではありますが、下がってきていますね。

それでも10%を切ることがないので、まだまだ人気の番組であることが分かります。

 

今年の平均視聴率は2018年と同じように12%くらいになるのではないでしょうか。

毎年のことですが、裏番組で日本レコード大賞や有吉ゼミがやっていて、視聴率が分散されそうな気がしますね。

 

ですが、レコード大賞を生で、アメトークは録画!と言う方が多いかもしれませんね。

日本レコード大賞はリアルタイムで見ないと結果がSNSで分かってしまいそうですよね…

となると、もしかすると、予想して平均視聴率よりも下がってしまうかもしれません。

 

アメトーク年末SP2019の視聴率はどのくらい?

さて、2019年12月30日に放送されるアメトーーーーーーーーーーク年末5時間SPの視聴率はどのくらいなのかについて情報を調査していきます。

今回は平均視聴率のほかにも瞬間最高視聴率がどの時間帯で、誰が出演しているときなのかについても注目ですね。

個人的にはやはり運動神経悪い芸人が瞬間最高視聴率になるのではないかと思います。

伊達に7年連続アメトーーーーーーーーーーク年末5時間SPに組み込まれているわけじゃないのではないでしょうか。

 

先ほど今年の平均視聴率は12%くらいになると予想しましたが、はたしてどうなるのでしょうか。

こちらは放送終了後に視聴率が分かり次第更新していきたいと思います。

まとめ

今回は「アメトーク年末SP2019の視聴率は?瞬間最高の時間やシーンも!」と題して、アメトーーーーーーーーーーク年末5時間SPの視聴率についてご紹介てきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のアメトーーーーーーーーーーク年末5時間SPは「運動神経悪い芸人」と「さんまvsお笑い第七世代」、「年末大売り出し!家電芸人」、「アメトーーク大賞」の4本です。

視聴率は12%くらいと予想しました。

こちらに関しては視聴率が分かり次第更新したいと思います。

瞬間最高視聴率がどの時間帯で、誰が出演しているときなのかについても注目ですね。

記事の更新を楽しみにしていてください!