テレビ

10万円でできるかなはヤラセで番組終了になる?放送中止の可能性は?

さて、2020年2月12日にバラエティー番組「10万円でできるかな」でヤラセが発覚したというニュースがありましたね。

事前に10万円以上の宝くじを買って、撮影で買った10万円分の宝くじの一部を、当たりくじと交換していたと言うことでした。

テレ朝では宝くじ企画のヤラセは否定していますが、深夜帯で放送された「10万円ランド」で農作物が発育しなかったため購入した物を使っていたことを明らかにしました。

最近ではヤラセで番組が終了しているケースもあり、どうなるのか気になりますよね。

そこで、今回は「10万円でできるかなはヤラセで番組終了になる?放送中止の可能性は?」と題して、10万円でできるかなの今後についてを紹介します。

 

宝くじ企画や10万円ランドの動画が気になる方はこちらを参考にしてください!

10万円でできるかなのヤラセ宝くじ企画や10万円ランドの動画は?さて、2020年2月12日にバラエティー番組「10万円でできるかな」でヤラセが発覚したというニュースがありましたね。 事前に10万...

10万円でできるかなはヤラセで番組終了の可能性は?

さて、今回ヤラセ報道があった10万円でできるかなですが、はたして番組終了や放送中止という状況になるんでしょうか。

ヤラセで番組が終了した例

まず、過去にヤラセ報道があったことから放送終了となった番組を紹介します。

・消えた天才

・クレイジージャーニー

・ほこ×たて

消えた天才では番組内で「天才投手」として紹介した男性の少年時代の映像スピードを2割程度上げ、球速が実際よりも速いように見せる不適切な映像加工が3回の放送で4件あったと公表しました。

クレイジージャーニーでは爬虫類を捕獲する企画で、15種類を事前に用意していたにもかかわらず、出演者がその場で見つけたような演出をして、放送したと言うことでした。

ほこ×たてではスナイパー軍団vsラジコン軍団にて、実際の対決とはかけ離れた、編集によって作られた対決が放送されたという内容です。

いずれもヤラセが発覚してから番組終了となっています。

このほかにもヤラセが発覚した多くの番組で放送が中止しました。

 

ヤラセで番組が終了しなかった例

次にヤラセが発覚したが番組が終了しなかった例を紹介します。

・世界の果てまでイッテQ!

・24時間テレビ

厳密にいうとこの2つについては「ヤラセ」の疑惑があっただけで、断定はされていません。

世界の果てまでイッテQ!ではお祭り企画に登場するお祭りが実際には存在しておらず、現地コーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントを開催したということでした。

これに関してはあくまでもヤラセではないということで、放送を継続しています。

24時間テレビではマラソンランナーが実は車に乗っていたのではないかという疑惑がありました。

もちろん、真相はわかりませんが、ほかにもヤラセでは?という企画が多くあります。

 

以上の2つの例から考えると、今回は「10万円でできるかな」は番組終了の可能性は50%と言えるのではないでしょうか。

というのも、今回は宝くじ企画ではヤラセを認めていません。

ただし、宝くじ企画ではない10万円ランドでは不適切な演出と認めていますよね。

大きな問題となっている方ではないとは言え、放送中止の可能性は否めないです。

10万円でできるかなの放送中止に対するみんなの反応

さて、今回の10万円でできるかなのヤラセに対してのみんなの反応を見ていきましょう!

番組終了を予想している方が多いですね。

確かにヤラセで終了している番組が多いだけにその可能性を考える方は少なくないと思います。

その中でも、やっぱり番組が好きで放送中止にしてほしくないと言う方も一定数いらっしゃいますね。

キスマイのファンの方は特別な思いがある方も多いではないでしょうか。

まとめ

今回は「10万円でできるかなはヤラセで番組終了になる?放送中止の可能性は?」と題して、10万円でできるかなの今後についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

番組が終了する可能性は50%だと思います。

というのも、今回一番話題となっている宝くじ企画でのヤラセは否定しています。

ですが、10万円ランドでは不適切な演出があったことを認めています。

なので、どちらになるのか正直わからないですね。

今後の動向に注目していきたいと思います!